スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ不毛地帯

それは池袋。

飯処は色々あるのにもかかわらず、お茶処で適当な所が本当に無いのであります。
多少、珈琲屋はあるのですが、何故か私とお茶をする人の多くがコーヒーが苦手な人が多かったり、やっぱり長時間話し込むにはポットでお茶を出してくれるお茶屋に行きたい、などと思ってしまうのです。
以前、愛用しまくっていた丸井のin The Roomの中にあった『ルピシア』のティーサロンが無くなってしまった為、今だ流浪の民に。
お茶をあれこれ選ぶ事が出来、落ち着いて飲む『ルピシア』のティーサロンの様な場所が欲しいのですよ。
更には気になるカフェはあれど、どこも徒歩10分ぐらい掛かるという始末。
そんなワケで日々、彷徨い困り続けております。マジで。

そんな中、週末に連チャンでお茶を。
まず金曜日。
池袋東武内の『Afternoon Tea』に行くもやたらと混んでいた為、入れず。
なので、諦めて同じフロアにある『Cafe comme ca』へ初めて入ってみる事に。
フルーツたっぷりのケーキが売りなのは言うまでも無く知ってましたが、口にした事が無かった為、興味もあったという事で。
思わず我慢が出来ず、迂闊にもいちごとマンゴーのタルトを頼んでしまう私。

いちごとマンゴーのタルト@Cafe comme ca

……当然、間違いでございました。
だから南方から帰って来たばかりなのに日本で南国フルーツを食べるのは止めておけ、と。
バナナとかベリー系とかのノーマルな物にしておきなはれ、私。
というのも、ちょうど1週間前に台湾でジェイ・チョウさんのフルーツタルト専門店『Mr.Qute』で非常に上等なフルーツを口にしていたので、つい比較をしてしまう私でありました。
というか、余りの違いに比較するまでもなく。
比較対象が悪うございました。失礼致しました。
でもね……更に言ってしまうと同じくフルーツティーと巨大なタルトのセットでこの店の半額以下なんだもん(※詳細は後日)。
いや、一般で考えれば、カフェ・コムサはごく普通の味なのですけどね。
(※でもデザイナーズ価格込み)

デパ地下のケーキ屋さんは充実しまくっている池袋なのに、何故、駅近くで美味しいケーキとお茶が出来ないのだ。


そして日曜日。
750円の鶏の甘酢あんかけ定食を『中南海』で頼んだランチ。
休日故、見事に客は華人オンリー。
その為か、750円の定食だったはずなのに請求されたのが530円。
……ええ。計算間違いなどではなく、明らかに華人価格としか思えない価格だったのですが。私も友人も。

……とまぁ、予想以上に安上がりに済んだので、お茶がてらにEchika池袋内にあるハワイアンなお店『ALOHA TABLE Kau Kau Korner』にてキャラメル&プリンパフェを頼んでしまったのでありました。
パフェとか久し振り~♪ プッチンプリンが乗っているのも御愛嬌。

キャラメル&プリンパフェ@Aloha Table KAU KAU KORNER

ドリンクがセットで200円で付けられた為、ベリー系のお茶を頼むも予想通り、ティーパック。
ティーパックならもう『ジョナサン』のドリンクバーでいいや、と思ってしまっているので、さて今後どうするか?といった具合。

となると。
もしやFortnum & MasonやFAUCHONやハロッズ、更にはマリアージュ・フレールのお茶を淹れてくれる、このメイド喫茶が一番マシかも。
……なーんてな事を一瞬思うも、これらはどれも手軽に池袋で買えて、いくらでも飲める茶葉だし。
とはいえ、ポットで出してくれる上にクラシカルなメイドさんもいるし。
やっぱ一番マトモなのかも。どうする? どうする?


美味しいお茶屋を作ろうとしている人、今なら池袋が穴場過ぎるぞ!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。