スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水立珈琲と新潟カツ丼

今更ながら東京国立博物館・平成館で開催している『国宝 阿修羅展』へ。
私が行った昼過ぎ、100分待ちとの表示が。
仏像=フィギュア鑑賞をする為にどこからこれだけの人々が湧いてきているんだ、と。
結果的に1時間位で入場が出来たのですが。
とにかく仏像の展示の仕方に感心。
今までの展覧会の様にガラスケースに入れての展示かとてっきり思っていたら、ケース無し・背後もキチンと見れる様な空間を取った展示だった為、横や背後にも回り込んでじっくり鑑賞出来ました。
……とはいえ予想通り、どの仏像も正面は混雑しているものの、背後から見ようとする人はほぼいない為、横と背後はものっすごい快適に見放題でございました。
絵画は正面から見るものですが、立体造形物は全部見なきゃ意味ないのですが。
しかも国宝を背後から見れる機会はまず無いのに。

因に肝心の阿修羅像ですが。
全方向から見れる様にそのスペースの真ん中に展示。
それ自体はとてもいいのですが、その周囲を朝の山手線の様なぎゅーぎゅー詰めになりながら少しずつ周って鑑賞する、という状態。
まるっきし聖地・メッカのマスジド・ハラームの真ん中にあるカアバに礼拝している図そのものの壮絶な状況だったのですが。

※参考資料
メッカ(参考資料)

段々と「私、何でこんなに人に押し潰されて汗だくになって仏像を見ているのだ?」という感覚に襲われ、ぐったりしてようやく鑑賞終了。
年寄り客が多いというのに外で100分待ち、中では大混雑状態なので爺婆にとっては完璧に苦行だったのでは?と思ってみたり。


上野まで来たついでだったので秋葉原に行き、いきなり先月、6月14に閉店することが決まった『古炉奈』へ。
昔ながらの良い内装のレトロなコーヒー屋で、ネクタイをしたキチンとした大人が仕事の打ち合わせも出来る様な店。

古炉奈2

古炉奈1

水出し出来る量が多くない為、出せる数も決められている水立珈琲(ダッチコーヒー)を注文。
この店の水立珈琲は本当にしっかり濃くてかなり美味しい。
向こうが透ける事なんてしない位の濃い水立珈琲。

水立珈琲@古炉奈

そんな真っ当な珈琲屋の『古炉奈』が閉店だなんて勿体なさ過ぎ、と思っていたら、今月に入ってこんな新たなる告知が。

この告知に因ると

  「この度、古炉奈を運営いたしますマルマツ産業株式会社では、古炉奈を業態変更し、
  (アニメやゲームに登場する)中世ヨーロッパの世界観をコンセプトとした、
  欧風ギルドレストラン「グランヴァニア」に改装し、オープンさせていただくこととなりました。
  従来は喫茶が中心でしたが新店舗では、皆様にご愛顧いただいた古炉奈の伝統を守りつつ、
  厨房設備を大幅に強化しメニューを充実させ、エンターテイメント性も盛り込み、
  今まで以上に幅広く多くのお客様に喜んでいただきたいと願っております。
  従来の古炉奈同様、欧風ギルドレストラン「グランヴァニア」を
  よろしくご愛顧いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。
  なお新装オープン日は、7月下旬を予定しております。


……なんだそうな。
ずーっとキチンと続いていた店を何故3年で潰れてしまう様な店に替えてしまうのだ?
アキバに来る誰しもがメイド喫茶に行きたいわけじゃないのに。
元々、正統派の美味しい店が不毛の地だったアキバにとって続けるべき店だと思うのですが。
経営的な問題で続けられなくなったなどというのなら仕方がないのですが、こんな愚かな理由だとは。
本当にがっかりです。


そして更についでに水道橋方面まで移動。
ちょっと前から気になっていた『新潟カツ丼 タレカツ』へ。
さすがに新潟カツ丼を口にするのは初めて。
どんなモノかというとこんな形態のモノ。

かつ丼@タレカツ

普通、カツ丼と云ったらトンカツを卵でとじているモノ、もしくは一部の地域ではソースカツ丼。
ところがこの新潟カツ丼は衣のキメが細かく、それを甘めの天丼のタレの様な甘辛醤油だれに潜らせて盛った物。
甘辛醤油味が大好きな私にとってはかなりのお気に入りに。
トンカツは4枚も乗っているのでボリュームもばっちり。
新潟県民は密かにこんなンマいモノを食べていたとは!
この近くを通る甘辛醤油だれ好きの人は是非とも一度食べてみるべし。オススメ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。