スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のこわい

2004年9月29日からAmazonのカートに入れっ放しの状態のブツがある。
いつ買おういつ買おうとだらだらしたままでいたら、カートに入れて少し経った頃に売り切れてしまった物、それがCD『影の軍団 音楽編』2枚組・定価4,200円。

影の軍団 音楽編影の軍団 音楽編
(1998/03/04)
TVサントラ

商品詳細を見る


『影の軍団』のI~IVのサントラを全部網羅しており、当然、各シリーズのエンディングの歌も収録されていると言う代物。
あーあ、やってもーた、と当然思い、それならそうとさっさとカートから削除しておけばいいものを、何故かずっと今の今までそのままにし続け、早4年と9ヶ月。
そして気付くとマーケットプレイスでの価格は現在29,800円と39,800円。もちろんユーズド。
ヤフオクを見てもこのマーケットプレイスの価格に倣っている為、当然、恐ろしい程の高値。
んな値段でなんか買ってられっかよ!と思い続けて数年。

先程、iPodに昔のCDでも突っ込むべ、とCDラックに収まりきらなくなったCDの山を掘り起こしていた所、HMVのビニール袋にまとめて入っている何かを発掘。
引っ張り出してみたら千葉ちゃんの柳生十兵衛のお姿が露に。
5,6枚のCDの中に何故かこの『影の軍団 音楽編』がひっそりと佇んでおりました。
しかも当然、開封済み。
確実に聴いた事があるという印がそこに。
更に言うと多分、買った直後に1度しか聴いていないと思われる程のケースの刷り傷の無さ。

こわい。なにこの長期に渡っての見事な程の痴呆っぷり。
根っからの貧乏人の私なのでCDの2枚買いは無いだろうと思っていたものの、こんな状態なので、さすがにDVDはそろそろやってしまいそうな予感がして怖いのであった。
メジャーなタイトルならあり得そうもないのですが、ビデオスルーだったり邦題もあらすじも似たり寄ったりだった時代の香港映画などがそろそろ危険な予感。
それ以前の問題で、プログラムピクチャーはタイトルとあらすじを読んでも観たのかすら記憶が怪しくなっている昨今。
いや、それは大抵2本立てで観ているし、シリーズ物だし、役者も監督も皆して一緒だし……と言い訳をしてみたり。

痴呆もそうなのですが、若い頃の必死な程の執着心が薄れてきている、とも。
特に歌なんかが如実に表れていて、10代の頃までは歌詞はバッチリ覚えていたのに、今や歌詞なんて全然覚えないどころかマトモに聴きもしないという有様。
この歳になってもエマニエル坊やの『シティ・コネクション』とか諸々、空で歌える程なのに!
なんて脳味噌の無駄な遣い方をし続けているのだ、私は!!
どっちみち既に危険な私のお頭。たーしけてー。

てか、私の場合、物事を覚えるよりも搾り出す方に力を注いでる生活なので痴呆なんかじゃないんですよ!
ええ、きっとそう。そうと思いたい。
人間の能力なんて限度があるのだから、何に重きを置くかで出来ない事も増えてくるんですよ。
だから私達の脳味噌は物事を覚える様には出来ていないのです!
解決解決ーっ!
そんなワケでこれから思う存分、ビバ★痴呆ライフ!!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。