スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初物

この季節の果物と言ったらもちろん茘枝ですよ。
本当に期間が短い、しかも日本に生で入荷するのは10日間程度との事。
1週間ほど前、いつも行っている台湾系の華人スーパーに生の茘枝が入荷しており店頭で売っていたので、うーん、どうしよう、と何故かためらってしまったので買わないまま帰宅したのですが、一昨日、我が家の近所の八百屋にて「グリーンライチ」として売っていた物を目にしたので、今度こそ迷わず購入。

荔枝・妃子笑

……そして茘枝のアップ写真はやっぱりどこか怖い。
ものっスゴい爬虫類の何かっぽくて。

多分これは中国産の妃子笑という品種だと思うのですが、緑色の物に出会ったのは初めて。
2年前のこの時期、台湾縦断の過酷な例の修業をした際、友人が夜市で茘枝を買った時、横からおこぼれを頂いていたのですが、見た目の大きさや色だけでは茘枝の品種は判断出来ないというのを学んだので、初めて目にしたこの緑色の茘枝にチャレンジ。

やはり生の茘枝は本当に美味。
この茘枝もみずみずしくて甘い上に大振り、更には種も少し小さめな品種なので、食べ応えもバッチリ。
この妃子笑は完熟前なのではなく、この緑色の状態が完熟。
どうやら通常の茘枝の様に赤くなってくると甘味が落ちるんだとか。
見ての通り、他の赤い茘枝に比べてちょっと気持ち若い香りがしたのはいうまでも無く。
これ、現地でもぎたてだったら、皮を剥く時、もっと水分たっぷりのぱっつんぱっつんな感じを指先に感じていたんだろうなぁ。

ああ……もっと思う存分に食べたい。だけど悲しい事に日本じゃ無理。高いもん。
因に茘枝は南方の果物なのにも関わらず、身体を温める効能があるそうなので、楊貴妃だけでなく女性向きの果物なのだな。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。