スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな形の企業努力

人気声優がカヴァー、“萌死”確実なパンクコンピ

この手の商売はアニメタルからずっと続いていて、この辺りの声優さん達に関しては物の見事に疎い私にとっては本当にどうでもいい存在の企画なのですが。
収録されている曲は定番中の定番なので、まぁそんなモンか、ってな事でそれもいいとする。
いちいちこの程度の事では目くじらを立てない大人なので、私。
声優ファンにとっては好きな声優さんの歌を聞けるからいいと思うし。


因にこんな内容。だけど桃井はること池澤春菜以外、私は知らん。

パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~
(2009/02/25)
オムニバス門脇舞以

商品詳細を見る

01. Sex and Violence / 桃井はるこ(The Exploited)
02. Basket Case / 池澤春菜(Green Day)
03. White Riot / 清水香里(The Clash)
04. Pretty Fly(For A White Guy) / 門脇舞以 (The Offspring)
05. Anarchy In The UK / 田中理恵(SEX PISTOLS)
06. London's Burning / 後藤邑子(The Clash)
07. Call Me / 桃井はるこ(Blondie)
08. God Save The Queen / 池澤春菜(SEX PISTOLS)
09. Blitzkrieg Bop / 清水香里(Ramones)
10. Search and Destroy / 門脇舞以(Iggy & The Stooges)
11. Ruby Soho / 田中理恵(Rancid)
12. Smells Like Teen Spirit / 後藤邑子(Nirvana)


なんだけど。
このジャケを見て余りの酷さ……いや、もはや面白さにひっくり返った私。
なんだこの緩すぎるヴィジュアル系は。記号としてのパンクですらないし。
つまりはセディショナリーズをヴィジュアル系御用達の服屋がパクった、という劣化の仕方なのですが。
しかも皆で中指立ててますよ、先生ーッ!! どうしようーッ!!
もはやライダースがライダースの形を成していないというのなんてどうでもいいレベルの気になる事でしかありません。
解ってないっておもしれー!と思って、記事を読むと、これがまたなんちゅーか。
それがこの一文ですよ。

***************************************************************************

生粋のパンクファンは気分を害したかもしれない。
しかし音も聴いていないのにそんな気分になるのはいかがなものか。
“イロモノ”という判断を下してしまうにはまだ早い。
というのも、このコンピ盤の音を制作しているのは、あのDIR EN GREYも所属するフリーウィル。
元RENTRER EN SOIの瞬、未架、匠、元Ruvieの燕、一樹、優といったミュージシャンをそろえて作られたサウンドは、スタジオミュージシャンによって作られたお仕事のそれとは一線を画している。

***************************************************************************

……って。
あのーぅ、それ、完璧にパンクの欠片すらないヴィジュアル系なんですけど。
しかも胸がキュン☆としてしまうのが、“元RENTRER EN SOI”と“元Ruvie”という部分。
事務所が抱えているぷらぷらしている人の為に頑張って仕事を作って働かせたんだなぁ、と。
事務所の企業努力が見え隠れしていて涙なくては読めない記事でした。
そして……頑張ったねー、この記事を書いたライターさん。見事なプロのお仕事でございました。
(※以上、私の勝手な憶測遊び)

因にここで視聴してみちゃったのですが。
パンクって音を外さずに音符通りに歌えばいいってもんじゃない、というのを久々に実感したのでしたとさ。
シド・ヴィシャス然り、パンクなんて素人にベースを持たせた所から始まっているのでね。
パンクは本来、下手でもいいんです。だから技術じゃないんです。
スピリットありきなのがパンクであって。
むしろこの声優さん達に目一杯、酒でも飲ませて、おえーっ!とさせながら歌わせていたら、そこにある種のパンク・スピリットが生まれていたのかもしれませんが。
パンク抜きでもそれだったら多分面白いはず。
プチ・jackassみたいな感じで。
それにしても聞いてみると予想以上の出来でして。
パソコンの前でさすがの私も眩暈を起こしました。
原曲のイメージを云々というのを口から発する事すら野暮だという、素晴しくヴィジュアル系的な仕上げ方……と思う事に致しました。
アイドルマスター・ヤスタカの手が空かないから、手の空くまくっているヴィジュバン2組にやらせた、という、需要と供給が見事に合致した商売でございますし。
中田ヤスタカは1人だけど、こっちは6人も使ってるからやたらと贅沢なんですよ。 グッジョブ。


おまけ。
じゃがいもチヂミを作ってみて、それなりに成功をして美味しく食べられたのですが、問題がどうやっても味付けがあのチヂミのタレとは程遠く、必ず中華の味付けにになってしまう罠に2回掛かってしまったので、もうやめた。
……で、さっき、別のアプローチでじゃがいもを昼飯に出来ないかと思い、じゃがいも餅を作る。
フライパンで揚げ焼きにして見事に成功。
みたらしの様な甘辛タレで最後に軽く絡め煮をして、味付けも結構美味しくなって成功。
……が。
この味……みたらし団子系というよりも、じゃがいもで作った大学芋の味なんですけど。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。