スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーはいいけどラーはヤバいよ

……と、以前、香港人から言われた事がある。
つまりは“麻”と“辣”。
“麻”=花椒(ほわじゃお)のびりびり痺れる様な辛さ、“辣”=唐辛子のひりひり熱くなる様な辛さの事なのですが。
どっちかといったら普通の日本人の場合、“麻”である花椒の方が慣れない辛さなので、苦手なのかもなぁ、と思ってみたり。
だからテキトーなその辺の中華料理屋ではがっつり花椒の入った麻婆豆腐とはそんなに出会えない事が多かったのですが。
最近は花椒流行りだそうで、以前に比べてどこでもかなり真っ当な麻婆豆腐が食べられるようになった気が致します。
……が。この間、ちょろっとテレビのミニ特集があったのと、私が足を運んでいる界隈の基準の話なので、実際の所、よく判りません。


そんなワケで1月26日の春節には「そりゃ今日こそ中華を食わにゃならんでしょ」という事で、池袋の『中南海』にてランチ。
麻婆豆腐定食650円。

麻婆豆腐定食@中南海

空腹が勝ってしまい、写真がテキトーで失礼。白飯メインの写真になっちゃってし。
因にデザートに杏仁豆腐も付いております。
ビバ☆池袋中華。

ここ、四川/中国東北料理のお店なので麻婆豆腐を頼んでみる。
基本的にはバッチリ美味しいお店なのですが、期待していた花椒がちょっと弱かったというのだけが残念。
そして『永利』と比べて量が比較的普通なので、安心のランチ。
それでも普通の女子には多い量だとは思うのですが。
というか『永利』の場合はプチでか盛りと化しているので、食べ盛りの若いサラリーマンか肉体労働の方々でないと無茶な量とも言うのですが。


夜はそのまんま池袋の『グレート・インディア』でチキンコルマを。
インドカレーを食べたくなっても意外とお高かったりするのが常。
だけどこの『グレート・インディア』は安インドカレー、でも美味い、更には朝5時までオープンしている至れり尽くせりな店。
但し、私が時折足を運ぶ池袋北口店はカウンターのみなので、落ち着きたいという人には向かない店。
更に言えば、店員が暇な場合、中華の放置プレイに慣れた身だとお節介に感じてしまう親切をしてくる可能性もあります。


そんな感じで女2人でもりもり食いまくっていたこの日。
その友人から「ミルクティーに棗(ナツメ)茶を入れて飲むとすっごい美味しいのよーん」と教えてもらったので、ロイヤルミルクティーを淹れ、冷蔵庫の中に2回分ほど残っていた瓶入りの蜜漬けの棗茶を入れて飲む。
棗茶というのは実はクセが無く、黒蜜の様な素朴な味なので、その話を聞いた時には間違いなく美味しいだろうとは思っていたのですが、予想以上の美味しさ。
ミルクティーに更にコクが出るような味わいに。
しかも「貧血予防/冷え性改善/むくみ改善/疲労回復/神経衰弱・不眠症改善/便秘解消/糖尿病予防/花粉症対策」という、女性にはとてもありがたい効能。
ですから、今の私と友人のかなりオススメは棗茶です。
これは韓国のお茶ですが、やはり昔からずっとある物は身体によろしいという事で。

……とは書いてみたものの。
私はいつも大久保界隈の韓国スーパーで気軽にしょっちゅう買っている物なのですが、近くにそういう店が無い場合は……通販以外はどこで売っているのだ?
普通のスーパーに柚子茶は売っているけど、それ以外の韓国健康茶なんてそんなに売っていないよねぇ?

  

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。