スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飽きていない自分が気持ち悪くて仕方ありません

香港で公開初日初回に観たver.
マスコミ試写ver.(日本語吹替・周杰倫の歌入り)
日本一般公開ver.(字幕版)
日本一般公開ver.(日本語吹替版)
香港盤DVDver.

……何のために私はこんなに観ているのでしょうか。
バカですか。バカですね。バカだもーん。
基本的に恋・友情・スポ根、という少年漫画の三大原則をキッチリ守っているからこそ飽きずに観れているんですが、仕事でもないのに何の為にこんなに観ているのか私にもよく判りません。
エヂが出ているだけだったら確実にこんなに観ないし『頭文字D』は元々大好きだとはいえ異様な思い入れは無いですし、車に至っちゃ車種しか知らない程度だし。
つまりだな、練り込んだ出来の良い話なんてそうやたらめったら観ようとは思わないんですよ、体力勝負だし。
ものすごく偏っているか、歪んでいるか、バランスがいいか、このどれかのプログラムピクチャーこそが複数回の鑑賞に堪えられる作品なのだと判明。
つまり『頭文字D』はバランスがいいんだと思う……多分。
観すぎてもう自分自身のバランスがおかしくなってるので判りませんが。
何かの依存症にでもなっちゃってるんでしょうか、あたしゃ。

因にコレ↓は先日、原宿から渋谷に向かって歩いていた時に出会った宣伝カー。
頭文字D宣伝車

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。