スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺・ミッション 非情の音設定

おもむろにかっこいい携帯にしたくなって、仕事も放っぽり出して寝ずに『ザ・ミッション 非情の掟』のテーマ曲を着メロ(正確には着うたの形式)にして携帯に突っ込んでみていた。

ザ・ミッション 非情の掟 [DVD]ザ・ミッション 非情の掟 [DVD]
(2002/02/25)
アンソニー・ウォンフランシス・ン

商品詳細を見る

……いやややや、現実逃避とは言わないで下さい。
何故だか空から使命が聞こえてきましてね。もにょり。
著作権諸々の事もあるので、単純にmp3形式などで突っ込めば良い、という簡単な作りにはなっていない為、ソフトを計4つほど、あれこれダウンロードしてファイルをイジりまくり、ようやく着信音の形に。
しかもソフトバンクの携帯は300KB以内に収めないと着信音として受け付けないので、音質やら尺やらを編集しまくらねばならなかったという。

銀河映像10周年の際に発売した2枚組のサントラ集『銀河映像1995 - 2005 (十周年) - 杜峰與創作兵團之電影原創主題曲及配樂』の中に当然『ザ・ミッション』のテーマ曲も収録されているのですが、これを聴いて誰もが肩を落とした、という曰く付きの音源でして。
映画本編に使われている音源ではなく、1stデモver.という音でしか収録されていなかったのであります。
あのテーマ曲目的で殆どの人が買っているCDだというのに。

銀河映像1995 - 2005 (十周年) - 杜峰與創作兵團之電影原創主題曲及配樂

そんなワケで音源の吸い出しを無駄に頑張らねばならなくなり、もはや意地で着信音にせねば気が済まないと云う状態に。
ホントに俺ミッション 非情の音設定。
御蔭で新たなソフトの使い方を覚えてしまいました。
しかも音源編集ソフト。
やはり音は結構劣化しましたが、とりあえずは電話が掛かってくる度にゴキゲンになれるので良しという事で。
これで担当からの電話にびくびくするのも少しは緩和出来るかどうか、というのが問題ではありますが。


音楽の話ついで。
MADのTAKESHIが新プロジェクト・AA=の2曲目をMySpaceで発表。しかもWAGDUGのライヴの翌日に。
そして年明け2月には待望のアルバムをリリースするとの事で、TAKESHIがようやく遂に復活!!と喜ぶも、これで確実に休止しているMADの復活は無いな、と確信。
同じ事をやり続けていると飽きたりもするし、メジャーなら尚更でファンなんて変わる事を望まないというのがありがちだったりするので、それはいい加減、嫌になる場合もあるかと。
そんなワケでバンドなんてずっとやってられるモノじゃないので別に構わないし、インディーズを聴いていると解散だの休止だのという事は日常茶飯事なので慣れっこですが、単に能力が分散されるのがね、ちょっと残念というか。
……ちゅーか。10月に正体を伏せたまま発表したこの曲、スゲー格好良くて良い音なんだけどKYONOの声を被せたら完璧にMADの新曲っつー状態。
新譜がどうなるのかが楽しみ。



てか、私の好きなバンド、端から休止中だったり、メインの1人以外は全部メンバーが変わったちゃったりしていたので、ようやく腰を上げ始めてくれているのが嬉しいというか。そんな感じ。
あとは海を越えないと見れない人達だから。いいね、こういう風に割り切れると楽で(投げやり)。

コメント

ステキだな~♪
現実逃避もそこまで徹底してやって、ちゃんと形にしたんだから~(笑)
空からの使命、きっと『新たなソフトの使い方』を覚えなさいってことだったのかも?(爆)

そっか、そのサントラ集、ほしいな~と思いつつ、ずーっと保留のままだったんだけど、
そんな感じなんですか~^^;むむ~、他の曲はどーなんでしょ?
って、そもそも、わかってる曲の方が少ないと思うアタシですが(笑)
>Pさん
というか、現実逃避を始めると熱中しちゃうんですよね、無駄に。
掃除していて、なにやらブツが出てくると、そっちにばっかり気が行ってしまって、全然掃除そのものがはかどらないというアレと同じですよ。

そうそう、このサントラ集。
ミッション以外はきちんと元の音源なんですよ。
なので余計にね……。
でも主題歌・挿入歌もちゃんと入っているので。
因に黒社会2のフィルムがオマケで入っているのですが、私の買った物は……ライトボックスの上でじっくり確認しても黒過ぎてフィルムのサイズでは顔の中が判別出来ないのですが、どこをどう見てもルイスとしか思えないんですよ。
でも黒過ぎて(以下、ネバーエンディング)

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。