スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 夏の香港甜品コレクション

“スイーツ”なんてな事を言っていいのはスイーツ親方こと芝田山親方だけ!!
というワケで甘いモンもしくは甜品(てぃんばん)としか呼びません、あたくしは。
あ、デザートとは言う。確実に言う。

仕事をしつつ、悶々と安ウマ飯の事しか考えなくなっており、そろそろ香港飯、もしくは台灣飯がシャブ切れ状態になっているここ数日の私。
という事で、こんな写真の整理を深夜にやってしまったら逆効果と判っていつつも、やらずにはおれない今の心理状態。
香港から帰って来てから速攻で仕事に取り掛かってたり、何だかんだでごちゃごちゃしていた為、夏の私の香港写真を全然アップしていなかったので、今更ながら深夜の嫌がらせの如く、甘い物写真をアップ。

以下、私の今夏の甜品コレクション(※ほぼ糖水)。

● 雙撈 @ 尖沙咀 『許留山』
2種類の甜品をチョイス出来るセットだったのですが、閉店ギリギリ記の深夜0時だった為、35HKドルの所、店のおばちゃんが「30HKドルでいいよー」というサービスをしてくれたのでした。これだけ食べて400円していません。
そんな到着初日の晩。
というか、宿に到着して店が閉まる前に、と思い、速攻で食べに行ったのでした。
因に手前に盛ってある謎のブツはココナッツとマンゴーのアイスのハーフみたいなのが小さめのカレー皿に盛ってある状態。
この写真だけ色が悪いのは携帯で撮った為。私の携帯カメラ、ホントに色が汚いのなんのって。
たすけてーっ!! ミラー携帯のカメラの質の悪さ!!
雙撈@尖沙咀・許留山

● 楊枝甘露涼粉 @ 旺角 『満記甜品』
香港じゅぶじゅぶデザートの定番・楊枝甘露に涼粉=仙草ゼリーが合わさっただけの物。
涼粉は暑気払いとか疲れた身体にいいらしいのですが、暑い中、子供達を1時間も待ち、更に買い物に付き合ってたりしたので2日目にして既にぐったりの私にはぴったりでしたとさ。
楊枝甘露涼粉@旺角・満記甜品

● 芒果班戟 @ 旺角 『満記甜品』
上の物と一緒に頼んだのが満記の名物ともいえる芒果班戟(マンゴーパンケーキ)。
クレープの様な薄い皮にマンゴーと生クリームがどっさりと包まれているだけの物なのですが、これがンマいのだ。シンプル・イズ・ペスト。
芒果班戟@旺角・満記甜品

● 芝麻糊湯圓 @ 天后 『晶晶甜品』
人様のお家で御飯を頂いた後、折角、来たついでだから……と、懲りずに1人で甘い物を食べる女・それが私。
天后の晶晶甜品はこの界隈では有名な美味しい糖水のお店。
本当は合桃糊(クルミのおしるこ)が食べたかったのですが、この日は売り切れてしまったという事で芝麻糊(ゴマのおしるこ)に湯圓(中身の入っている白玉団子)を追加したのを頂く。
芝麻糊湯圓@天后・晶晶甜品

● 楊枝甘露豆腐花 @ 天后 『明記甜品』
天后の電氣道を攻略するかの如く、3日目も天后に来ていた私。
美味い……けど、写真で見るよりも遥かにデカいです、これ。
軽く小さめの丼いっぱい食べたんですけど。
楊枝甘露豆腐花@天后・明記甜品

● 鮮雜果海中燕 @ 天后 『燕樂居糖水店』
この日、お付き合いしていただいた香港在住の友達と天后で3軒目。
(実は明記甜品に行く前に茶餐廳で食事をしていた我々)
そして更に日本からやって来た友達がここで合流。
ツバメの巣専門店なのですが、前日の晩、激混みで行列が出来ていた人気店。
私はフルーツの盛り合わせに甘いじゅるっとした燕の巣が乗った物を頼んだのですが、3人が頼んだ物は全部別の物のハズなのに、同じに見えてしまう、それが燕の巣とマンゴーマジック……。
因にこの内、ふたつはここで合流した友人が頼み、更に麺を頼んでおりました。
私達3人、大食い女なのか?
鮮雜果海中燕@天后・燕樂居糖水店

● 雪山楊枝甘露 @ 九龍灣 『満記甜品』
色々やっていたので3日目の晩も飯を食いはぐれ、満記でまた楊枝甘露をすするハメに。
因に“雪山”というのは真ん中の緑茶アイスの事をイメージしてるらしいです。
でも意外と美味しいのだ、満記のタピオカって。
雪山楊枝甘露@九龍灣・満記甜品

● 紅荳冰 @ 佐敦 『美都餐室』
何故か4日目は甜品店に行かず終いで済んでしまった私。
そんなワケで5日目、昼飯がてらに佐敦の美都餐室に行き、紅荳冰と咖哩牛腩飯(※香港に行くと牛バラカレーライスが我慢出来なくなる私)を注文。
紅荳冰というのは小振りの小豆こと紅豆に砕いた氷がどさっと入り、ミルクが注がれた物……程度に考えておいてください。つまりは小豆ドリンク。
そして飲み物の割に腹に溜まるのだった。
因に横にあるコップの茶。
香港では当たり前の様に中途半端に生温い茶を出されるのですが、大抵の人は飲みません。
気になっていつもお客を見ているのですが、ほぼ皆、飲んでも喉を潤す程度。
そして箸とかスプーンとかを消毒する、と言って、この中でがしゃがしゃ洗う人は多し。
紅荳冰@佐敦・美都餐室

● 南瓜西米露 @ 佐敦 『湯丸皇』
……で、佐敦まで来たついでだし、という事で。
まだ食う女の私は湯丸皇で南瓜西米露(タピオカ入りカボチャのおしるこ)までもすする。
上に掛かっている白いのはココナッツミルクなのですが……私の情報だと“福”って字を書いて出してくれるとの事だったのですが。
店のおばちゃん、「ミルク掛ける? 掛けない?」って言うから「いるー」と密かにワクワクして待っていたのだが……あれ? 別にいいんだけど“福”の字は?
女主人の気まぐれ風糖水と呼ぶ事に決定。
南瓜西米露@佐敦・湯丸皇

● 木瓜黒米露 @ 旺角 『發記甜品』
そしてライヴ後、深夜の旺角で食べた香港ラストの食べ物が木瓜黒米露(パパイヤの黒タピオカ)。
黒米と言ったら、デザートにも使う黒というか紫の米が入っているものだと思っていたのですが、このメニューは黒い小振りのタピオカだったのですが。何故?
でもここ、基本的に創作デザートが色々あるので、今後の課題となる店に決定。美味い。
木瓜黒米露@旺角・發記甜品

……そして腹が減って死に掛けている女がここに。
だから言わんこっちゃない。
そんな遂に12月になってしまった明け方。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。