スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜保 and take

色々と気分的に軽く死にそうなここ1ヵ月。
一応、珍しくぽちぽち仕事をし続けていたら夏が終わり、その途端にワケ判らん展開が起きてあわあわしているという感じ。


ところでここ最近のブーム。
というか昨晩のブーム。それは宜保愛子。
宜保さんが何かを見てしまった時に「ぁぁぁあああーっ!!」と言って顔を手で覆ったりしゃがみこんだりする様がとても良くてねー……なんてな話で過去に盛り上がっていた事があったのですが。
そんなワケでようつべって宜保愛子vsマリー・アントワネットを観ていた昨晩。
だけど本当に観たかったのは新倉イワオ氏と一緒にイギリスの幽霊屋敷に行っていた番組なのですが、消えていて落胆。
私のおぼろげな記憶に因るとこの回、とても良いリアクション祭りだった気がしたのですが。
宜保さんと云ったら新倉氏とのコンビが私にとって一番なんだよなぁ。


そして前々日の早朝にブームになっていたのがストリート詠春拳の映像。
私に軽く詠春(wing chun/ウィンチョン)ブームが訪れた今年の秋。
そこで「ストリート詠春がある」と聞き、当然の如く、ようつべる。
先に言っておきますが、軽く詠春ブームが香港アクションに来つつあるっぽいので(でもアテにならないのも香港)、リンクしておいた映像は観ておくと今後、役に立つハズです、とだけ言っておきます。
ま、そんな事を役立たせようとしているのは周囲では私ぐらいだろうけど、多分。

詠春の知識が無いと単なるケージマッチとかのフリーファイトと何ら変わらなくしか見えないと思いますが、紛れも無く詠春の動きです。
……ええ、アメ公の見解がかなり入ってますが。




これが本物のstreet詠春の黐手(chi sau/チーサウ)。
素晴らしい。本当に素晴らしい。
その辺で廣東話をしゃべってるおっさん達が皆、師父な感じ、と云った素晴らしい映像。


……とはいえ、所詮アメ公がやるとこうなる、というのが路上の現実。


おまけ。
極真・二宮城光vs詠春
二宮、こんな事をしていたのか!という記録映像。
この時代の極真の足技と詠春が噛み合うハズもなく……というのが私の見解なのですが。



ところでタイ・アクション映画『Chocolate』は日本で……上映するよな。
阿部ちゃん出てるし。
予告編じゃ判らない位、これまたまた気が狂ったアクションとかがあるらしいですよ。
というか、スタントの命の代価とはなんぞや、という意味で気が狂っているというか。
因に『トム・ヤム・クン!』のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督の最新作。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。