スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに見つけた。そして誰も取れていない。

念願叶って遂に大陸バッグ(※勝手に命名)が売っている所に遭遇。
大陸バッグ

大陸人が大荷物の時、何故か皆して持っている赤だの青だのピンクだので大抵チェックか縞柄の、遠足や花見の時に使うナイロンの敷き物素材で出来たデカいバッグ、それがこの大陸バッグ。
どこの国に行っても大陸人だとすぐにバレてしまう身分を隠せないのがこの大陸バッグ。
香港でも信和中心などで海賊盤を売っている店がガサ入れに遭い、撤収させられている所に数回出くわした事がありますが、その場合も必ず使われているのがこの大陸バッグ。
日本でも読み捨てられた新聞や雑誌を回収し、駅構内で自主的に安く売っているリサイクル商人な方々も愛用されているのがこの大陸バッグ。
非常に良く工夫して作られていてクリエイティブな物と言える物も多いダンボールハウスにお住まいの方々の移動式収納ケースとしても愛用されているのがこの大陸バッグ。
エコバッグなんつー名前の小洒落た袋が登場する以前から存在していたエコロジーとは正反対の素材で作られ、使い捨てられているのがこの大陸バッグ。
時には底に小さな車まで付いているグレードの高い物まであるのがこの大陸バッグ。
更には杜峰(ジョニー・トゥ)&韋家輝(ワイ・ガーファイ)の『マッスル・モンク(原題/大隻[イ老])』に於いてはインド人までコンパクトに収納していたのがこの大陸バッグ。
この様にありとあらゆるTPOに於いて愛用され続けている大陸バッグのハズなのに、売っている所に今まで出会った事が無かった私だったのでした。

そんな微妙な秘密のベールに包まれていた大陸バッグが売っていた場所は西武新宿駅の並びのAMERICAN BLVD.の100円ショップ『US.MART』

とっても穴場でした。いつも前を通っているというのに。
華人及びリビング・フリーマン(※前略、道の上より)率が非常に高いこの土地に無いワケございませんよね。
しかも『US.MART』という大陸バッグとは無縁そうなネーミングの店だった為、チェックすらしなかった私は本当に大馬鹿者です。
これでいつでも大陸バッグデビューが出来る様になりました。押忍。

余談ですが、私の友人の中で大陸バッグデビューが一番近い存在……というか、せねばならない人、それはドール・イベントにてジェニーだのそのお友達だのリカちゃんだのを大量に買う私の友人・Sさんだと思いまーす。
近々、贈呈決定。


しかし。
さっきまで友人らと連絡を取り合っていたのですが……現時点で誰一人としてフィルメックスで上映決定したじょにたん監督作の『放・逐』がプレリザで取れていないんですけど。
私の周りだけの現象なのでしょうか。ひー。
本当に明日の一般発売でチケットが取れるのでしょうか。
とても不安な私は始発前を見込んでチャリを飛ばして一番近い(とは言っても2駅先の)チケぴに並んでみようかと。
ネットとどっちがいいんだか、という気がしないでもないんですが。
……そして。寝たい。今すぐ寝たい。
でも寝たら起きれないのでこのままでいるしかない気が。
嗚呼、何の修行を強いられているのだ、私は。
毎週毎週チケット取りの事で頭一杯になってしんどいです、いい加減。
(※座頭市→東京国際映画祭→黄貫中ライヴ→中国映画祭→周杰倫日本武道館コンサ……他にも何かあった様な気がしたけどもう忘れた)

コメント

おお、、、
このバッグ、バイト先のベトナム人の家にもありましたよ♪♪
若いギャル系の子ですけど意気揚々と持ってましたよ♪
この普及率@アジア圏にはアニヤ・ハインドマーチもびっくりでしょうな★

ところで、先の記事の『阿博二世』のMVですけど、もしかしてこのWelby Chung=阿權という人の作じゃないかと思うのですが、もしご存知でしたらスミマセン★
リンク↓↓
http://www.vj-ing.com/work.html
彼の作品一覧(画面左)の真ん中へんのMVのカテに阿博二世があります★

hoobastankのプロモとかも作ってたみたいですねえ♪
>enokky★さん
うあおー。調べてくださってありがとうございますー。
実はここの所、12時間労働をしていたりで、仕事と風呂と飯と睡眠以外、殆ど何も出来ない状態だった為、リサーチも頓挫していた所だったので何と御礼を言ったらいいのやら。
本当にありがとうございます。

それから阿權こと鍾偉權と言うんですね、この方。
てっきりイラストレーターに絵を頼んで作ったアニメなのかと思っていたら、いわゆる映像作家だったのですね。
これでひとつチェックの対象が増えました。
香港カルチャーはやはり侮れないなぁ、と。

ベトナムの方まで大陸バッグ、持っていらしたのですか。
てか、どこで皆して仕入れてくるのだ!? 日本国内なのに!
私達もこんなに中華圏好きならひとつは持っておかねばならない気がしてなりません。
……というのは間違った認識なのでしょうか?
きっと勇気を出して一度使ってみると何かに目覚める気がしてなりません。
逆に言うと目覚めるのが怖いのですが。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。