スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@イメージ・フォーラム

確か昨日だか今日辺り、F4の大々的なファンイベントがあるのでF4ファンシーは皆して台北に行っているハズ、と思い(もといファンシーなら行くのが当然と思い込み)、日曜日の単館上映とはいえ混まないだろうという事でヴァネ~ス主演の『カンフー無敵』を観にイメージ・フォーラムへ。
何故かF4のみを愛する様ながっつりまっすぐFansちゃんが私の周りにはいない為、日頃の状況をよく解っていない私ですが、第2週の日曜日の真っ昼間なのにも関わらず、快適な空き具合で観賞出来ました。
……というか。
F4ファンシー、子持ちのお母ちゃま方も多い御様子なので映画館には来ないんですかね、という印象も。
だけど逆に子供を2人連れたお父さんを目撃。
ステキな根性です。グッジョブ。

因に以前、恵比寿の東京写真美術館で特集上映された通称・F4祭りの際、場がそういう所故、香港映画なのにも関わらず、『マジック・キッチン(原題/魔幻厨房)』が北京語吹替版で上映され、普通語を話す主役のだれかさん以外は馴染みのある数多くの香港の役者さん達が皆して誰の声やねん状態だった事に涙したのが軽いトラウマになっていた為、ビクビクしていた本作だったのですが。
よ、よかった……ちゃんと廣東語で(涙目)。
だってそれこそラム・ジーチョンやブルース・リャンが他人の普通語吹替だったら本当にその場で死にたくなる気分になるじゃんよー。

しかし。
普通語2本を含んでいたとはいえ、香港映画漬けだった今年の東京国際映画祭。
なのに終わってもまだ廣東語を聞き続ける事になるとは。
そしてやっと10日振り位に別言語の映画を。
というワケで『ヒルズ・ハブ・アイズ2』を観賞。
更にはこれから『アフロサムライ』をギャルゲー絵を描く謎のドイツ人ヲタクと一緒に観る事に何故かなっているのですが。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。