スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5×2=10

というワケで『五月天 2007 “離開地球表面 JUMP”世界巡迴演唱會 日本公演』@ZeppTokyoへ行ってきました。
5月の渋谷でのライヴに続いて2度目。5ヶ月振り。
今回はきちんと予習をして行ったせいもあり、前より更に楽しかった……というか、むしろ予習だの何だの関係無しに楽しかった今回。
オールスタンディングの前回と違い、座席あり。
とはいえ、整理番号順で入場で自由席という状態だったのですが。
整理番号も早い方だったので、3列目の真ん中に程近い位置という中々良いポジションを取れ、たっぷり堪能。
前回同様、“ホコ天バンド”というよりは最早“部活”という印象は変わらず。
そこが良くていとおしかったりするんですが、彼らの場合は。(※褒めてます)

予習、といいつつ、比較的初期のベスト盤『我們是五月天』を聴き込んでいた為、生で今の音を聴くと明らかに旨くなっているのがよく判り、密かにそれも個人的に楽しんでしまったり。

ステージが始まる前に『離開地球表面』のMVが流れていたのですが、眼鏡くんドラマー・冠佑が映った瞬間に思わず会場からユルい笑いが起きたのは一体何なんですか!!(笑)
阿信を始めとした他のメンバーでは誰も笑わないというのに。
……やはりそういう扱いなんですか、眼鏡クンは。
というか、あのハードな近未来SFな画面に普通に黒縁眼鏡クンがいると妙に現実に引き戻される生々しい面白さがあって笑ってしまうのは非常に判るのですけどね。

それ以上に素晴らしかったのはコーラスの眼鏡クン2人組・士杰&彭克誠。
ただでさえ日頃からバックバンド&ダンサーチェッカーの私なのですが、一般的なコーラス隊とは思えない素晴らしい程の眼鏡クンっぷりな上、余りに乗りが良すぎだった為、ライヴ中、つい五月天メンバーそっちのけで彼らに釘付けに。
最後にメンバー&コーラス隊全員で打ち込みの音でタオルを振り回して踊りまくるという、実際に見ていただかないとあの面白すぎる絵面は説明しづらいのですが、怖ろしく女っ気どころか色気が何も無い、男子校の学園祭の打ち上げの様な締めに至っては、メイン眼鏡コーラスの士杰がメンバーを差し置いて、ステージの中央を陣取り、ステージの最後を飾るという、何だかよく判らない異常な空間となり、お腹いっぱいの状態に。
ライヴ後、余りに彼の存在が気になったので、五迷の方に伺うと「コアなファンの間では大人気」と教えて下さいました。
……やっぱり。
こんなお2人さんです。
(※音がいきなりなるので注意)

そして。
そんな彼ら以上に私と隣の席の友人を釘付けにしていたのは、私達のすぐ近くにいた会場警備のバイト君でして。
(はーい、そこのアナタ方。また素人チェックをしているとか言わなーい。だって私達だもの。するに決まってるじゃないですか!)
かなり高ポイントのカワイイ男の子でしてね、これが。
台湾ドラマか映画で、主人公の取り巻きorクラスメイトorバイト先の中のひとりにいそうなタイプの子でして。
可愛いんだけどメインになれないという、そういうタイプの可愛い男の子。
(↑比喩の仕方が酷い、とか言わない様に。的確なんだから、これがマジで)
この子がライヴ中、私達の前方の柵の前にしゃがみこんで会場を見張っていなきゃならないハズなんですが、見事に延々と爆睡。
面白い位に居眠りをこいていて、ステージ右奥の眼鏡コーラスとステージ左下の居眠りバイト君のチェックで大忙しだった私達2人。
その途中、今回も当然あった「L・O・V・E」と手で文字を皆で作ってみるプレイ(……)をしてみたり、と。

そんなワケで本当に楽しかった五月天ライヴ。
いや、こんな事を書いてはいますが、曲自体もノリの良い曲が多いので存分に堪能。
……なんだけど。それを上回ってしまったインパクトが。


さぁ、次は黄貫中アニキですよ、私を待っているのは。
マジでやる気満々でございます、今度は。

コメント

めがね君
このあいだ、ウチの同僚が、“五月天のめがね君と超級女声のめがねっ娘(2005年度・第二位の周筆暢〈チョウ・ビーチャン〉)に似てると言い出して、ちょっと笑えました★

やはりめがね=ゆる&萌えキャラなんでしょうね★

そうそう、ワタクシも遅ればせながら黄貫中ライブ参戦致しますです★YEA♪
っていうか代官山自体、久しぶりなんですけど笑
>enokky★さん
大陸に弱い私は周筆暢って、どの子だったけ?と思ってしまい、即ググってみたら……判りました。
しっかり思い出しました。
初めて見た時、「嗚呼、大陸ライクなボーイッシュ加減だわぁ」と思って印象的な子でございました。
……確かに近い。五月天のメガネ君と近い存在ですよ(笑)

因に五月天のメガネ君。
どうやら普段は縁無しだか銀縁メガネの模様。
……なのですが。
あの黒縁メガネは勝負メガネっぽいんですよ。
ライヴになるとあのいつもの黒縁を装着するんですよ!

わーい。enokky★さんも阿Paulライヴ、参戦決定したんですねー。
こちらはまたもや相当アレな整理番号が取れてしまったので、
最前列の真ん中でギター名人を拝んできまーす。
ま、当日は会場でお会い致しましょう。
うふふー。ポール兄貴、楽しみだわー。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。