スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のリアル・カレーマン祭り

御無沙汰しております。
何をしていたかといいますと、余りに金が無くなってしまい、「危険! この時期、映画祭に行けないのは命取り!!」という事で。
プレステのゲーム『電気グルーヴ地獄V』の中の“ボールペンコウジョウ”でひたすらボールペンの本体にキャップを被せていって何十万本もクリアしていたのがやっと今、役立った様な仕事を緊急でやっております。
そして今、延々と見続けている為、呪い殺したくて仕方がないのは●●●を逆三角位置に配置するだけで訴えられちゃうキャラクターなのですが。
だって日本のキャラクター造型に於いて目がカマボコ型をしているのは禁止事項じゃないですか。
ファンシーには有り得ない顔ですって。
アメ公の感性は信じられませんな、まったくもー。
なのにも関わらず、連中はそういう目の形をしているんですよ。
誰がアレを“かわいい”と言い始めたのか。何の刷りこみか、と。
かわいいとか何とか言わねばならぬのは呪いの言葉でも掛けられているのでしょうか?と、日本のアニメとマンガにずっぽりと育てられた私はそう思うのです。
第一、顔の真ん中が肌色っていうのが幼少の頃から許せなかった私はマイノリティなのでしょうかね。はて。
そんな私は子供の時に好きだったカートゥーンは『トムとジェリー』。
ほら、その時点で嗜好があっちの方には行かないワケでして。

それはさておき。
朝一番からシアターN渋谷の最前列で『ホステル2』を悠々と鑑賞し、その足で代々木公園で行なわれた『ナマステ・インディア2007』に行ってインド人にまみれて雨の中でカレーを食べるという、とても爽やかな日曜日を過ごしました。
通称・カレーマンと呼ばれている程、1週間カレー生活でも無問題、
且つ我慢出来ずに香港の茶餐廳でまでもカレーを食べる女なのにも関わらず、去年行き損ねてしまった為、今年こそは行かねばなるまい、と。
ナマステ・インディア(以下、リアル・カレーマン祭り、もしくはインド人はおせっかい祭り)に行く前に某所にてインド師匠に教えを請うて来てみたり。
前日の晩にインド師匠が行った所、異様にテンションが高くなって……などという話を聞いていたのですが。
……ええ。終わり間際、タイフェスでは有り得ないテンションの高さに。
出店してる店の中が。
国が違えばノリが全く違うものだよねぇ、と言った皆で語りましたとさ。

因に昼御飯に豚バラ肉&ほうれん草とマッシュルーム、という2種のカレーのセット500円を。
余りの空腹により撮影を忘れる私。

一旦、『一茶一坐』にてお茶。
このお店は上海が本店なのですが、茶器が可愛いのなんのって。
台湾にお店があるのを見つけたので台湾で茶器を買った方が安いかなー、と狙っている私だったり。

再び代々木公園に戻り、友人らと合流。
そして食う。食う。食う。
まずはタンドリーチキンとカチョーリとかいうサモサとはまた違うコロッケ風の物。
中はどうやら豆らしいです。
カチョーリ&タンドリーチキン

カッテージチーズを厚揚げ豆腐の様にした物の串焼きやら何やら謎のメニューをひたすら皆でつまむ。
インド料理屋に行くと、ついカレーとナンで満腹になってしまうので、その他のメニューにまで気が回らなかったのですが、実はインド料理、未知の料理が多すぎ、と改めて知る私。
その良い例が南インド料理では定番のドーサというクレープを巨大な筒状にした物なのですが。
気付くと回り席のインド人、そればっかり食べていたのですが、どの店で売っていたのか判らずじまいで断念。
マサラチャイが150円などと、タイフェスに比べてかなり手頃でリーズナブルに食事が出来たナマステ・インディア。
当然、これだけで胃袋が納まる訳は無く。

友人が買ってきた謎のチーズナン風の物。
くるっと丸められた形態の何かが異様に美味しかったのですが、自分が買った訳ではないので名前が判らずじまい。
これは何なのでしょうか。調べまくったのですが現時点で不明のまま。
教えてー。インド料理に詳しいどこかの師匠ーっ。
そして最後だったので半額になり、250円でチキンカレーが食べられる始末。
チーズナン? チキンカレー

タイフェスと違い、微妙に質素な環境で行なわれた為、雨除けのテントの下には無く、真っ暗な状況でカレーを食べていた事を追記致します。
写真の撮れ具合が微妙なのはそういう理由です。

そんな満腹になった後、再び『一茶一坐』に行っていたのは、他に店を知らないのじゃなくて、さっぱりしたお茶が飲みたかったからなんですって。
最近は紅茶ですら味が鬱陶しいと思い始めている我々に。
それにしても23時まで開いているのはとても便利なのでした。

コメント

呼ばれてます・・・??
おおお、レポさんくすです★★

築地だったころは、本当にラストもっとレイヴな感じでしたよ★しかも帰りの築地駅はまさにニューデリー駅!!

ワタクシ、実は(酒飲み)小食なので、インド料理屋時代からいつもインド人の食べる量に圧倒されつつ、出されたものを食べてたので、名前はよく知らなかったり、、、

しかも同じような料理でもインド東西南北&宗教(+印パ)によってまったく呼び名も違うものもあるので、日本人の自分にはなかなか判断しにくいです、、、

でもチーズ豆腐みたいなやつは、パニールというんですが、よく食べさせられました。

そうそう、2日目には六本木のインド貴公子(私の周りのインド人の中では有名)が来ていました笑

楽しめたようでよかったです★★
ええ、呼んじゃいましたともー。
>enokky★さん
なぬっ。もっとレイヴな感じーーーーーーー!!!!!!!
といいますか。
築地本願寺で開催、という時点で、その環境の特異さ故に無駄に濃度が高く感じるんですけど(笑)

そして六本木のインド貴公子ーーーーーっ!!!!!!!
ほら私、つい言葉に酔ってしまうので脳内で六本木のインド貴公子のヴィジュアルを生み出して、既に勝手に楽しんでいるのですが。
もう御本人がどんなだかを知らない方が白飯だけでバクバクいけちゃう位の無駄な妄想が広がっております。
ヴィジュアルだけでなく、勝手にバックボーンの肉付けまで始まっている事も告白致します。

それからアレがパニールだったのですね(←今まで色々と一致していなかった事をなにげに告白)
友達と一緒に食べていてかなりヒットだったんですよ。
厚揚げ豆腐みたいなのにチーズで。
やはりチーズも各国色々と違いますよね。
そんなワケで久々に友人と「世界を食らう女の会」を開催しようと思います。
個人的にはカレーは南の方のモノの方が好みだったりします。
嗚呼、インド料理も色々とチャレンジせねば。
そんなワケで来年も参戦決定。
晴れてたらステージもしっかり見たかったのですが、雨だったので見る余裕が無かったのも残念で。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。