スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごむやき料理

ドンキで買った3玉99円の生麺の焼きそばがマズい。
なんちゅーか、安さ故にゴムっぽいと云うか。
付属の粉末ソースにブルドッグの中濃ソースを合わせ、瓶入りのだしの素と醤油を垂らして炒めるという、いつも通りの適当に食べられる味付けで作っていたのに、麺そのものがマズいとこうまでもマズくなるのか、という事を身を以って知る私。
シマダヤやマルちゃんの麺が如何に普通に美味しかったのかを実感。

この時、余りの空腹が故に1.5玉使った為、残された1/2玉をどうするかと考えた結果、一時話題に昇ったそばめしを作ってみる事に。
……これは果たして本当に旨いといえる料理なのだろうか、と首を傾げながら食べる私がここに。
味付け云々の問題ではなくて。
これはお好み焼き屋とか鉄板焼き屋で食べるミクスチャー系料理だからこそ目新しくて旨く感じたのだろうけど、そもそも家でわざわざ作って食べるまでの物じゃないよなぁ、と思ってしまった訳で。
余り物を消費して料理の嵩を増やす事以外の理由で、何故そばをわざわざ混ぜねばならんのじゃ、と。
これだったら普通にソース味ベースの炒飯でもいいじゃん、と。
そしてそんな物を朝っぱらから作って食べている私も私なのですが。

そして更に1玉余っている為、昨夜はオムそばを作成。
中身は普通にソース焼きそばにし、オムレツ部分にハインツのケチャップと瓶入りパスタ&ピザソースを混ぜた物にマヨネーズをトッピング。
トマト系の味が効いたのか、マズいドンキそばそのものの味が誤魔化され、普通に美味しく食べられてとりあえず満足。

そんな焼きそば貧乏食日記でございました。
以前、私が創刊号から愛読していた『BURST』で連載されていた貧乏食コーナーがあり、“キャベツ1週間”とか“bigかっちゃんでカツ丼を作る”とか、毎回とても生活に役に立つコーナーだったなぁ、としみじみしてみる。

……ああ、安さに負けて3玉99円のうどんをあの時、一緒に買ってしまわなかったのは正解だったのかも、と思いつつも、実は焼きそばよりはマシなんじゃないか、と余りに酷い赤貧が故に諦めの悪い私がいたり。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。