スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶醉

台湾に行った際に買ってきたり、先日友人らが行った際、私のお気に入りのお茶屋さんに行くのが判っていた為、頼んで買って来て頂いたりで、数多くの美味しいお茶に囲まれている現在の私。
本日は阿里山の雀尖凍頂高山烏龍茶を開けて飲む。
起きてから殆ど食べ物を口にしていない状態で飲んだ為、珍しくお茶酔い気味に。
一応、お茶請けもお土産の信玄餅やら台湾産ドライパイナップル(甘くて絶品!!)等をつまんではいたのですが、変わらずの状態。
その後、夕飯もしっかり食べたのですが、お茶酔いは治らず。
お茶酔いと言っても悪酔いの方ではないので平気ではあるのですけど。

とはいえ。
……あのーぅ。
軽く8時間もの間、お茶酔いし続けているってどういう事ですか。
強力なコーヒーも結構飲む私ですが、こんな事になったのは過去数回程度。
それはプロが淹れたかなり濃い物を相当量飲んだ時だったので。
まぁ、大した物で無くてもビールジョッキでアイスコーヒーを飲むとかなりのアッパーになれますけど。

実は私、凍頂烏龍は滅多に飲まないので判らなかったのですが、こんなにもカフェインの度合いが強力なものなんでしょうか。
高い梨山の方が身体に対してソフトな気がしてならないのですが。
凍頂烏龍を良く飲まれる方や詳しい方、よろしければ御指南の程をよろしくお願い致します。
念の為、簡単に調べてみた所、青茶、更には凍頂烏龍はどうやら強い模様なので、お茶酔いをしやすいみたいな感じです。
どおりで他のお茶ではお茶酔いしない私がぽわわーん、と酔ったワケだ。

確かに台湾のお茶屋さんであれこれ飲み比べをすると相当の量を飲む事になるんですよね。
なので、お店の方が「お茶酔いしているはずだからお菓子を食べてね」と、お茶請けを勧めてくれるのですが。
それでも自覚する程のお茶酔い経験は初めてだったので、とりあえず記念に記してみた次第。
もしかして単にカフェインとは別の何かも影響しているのでしょうか。

……と思い、ググってみた所、烏龍茶ポリフェノールには血糖値を抑える働きがあると言われ、大量に飲むとお茶酔いをする事がある、と書いてあったのですが。
ん? 血糖値が下がる時って、こんな感覚ではないんですが。
先程、風呂に入ってたっぷり汗をかいたら大分落ち着いた感じにはなりました。
お茶を飲む時、タンニンから胃壁を保護し、気持ち悪くなったり胃を痛めたりするのを防止する為にお茶請けを頂くのは当然なのですが、お茶酔いの時のお茶請けの意味はまたちょっと違って、血糖値を上げる事が出来る甘い物じゃないとダメなんだそうで。
こうやって色々と学んでいくのね、と。
テンパっている時、豆から淹れたコーヒーを飲み続けている私なので、カフェインにはかなり強いと思っていたのですけど、やはりお茶は勝手が違いましたわ。
とほほ。

どっちみち、高いお茶を飲むとカフェインが強いので酔いやすい事は間違い無しなのですが。
日本茶だと朝、玉露を飲んではいけないのと似た様なものでしょうな、多分。
そして玉露なんぞはいつ飲んだか忘れてしまった位に昔にしか飲んだ記憶が無い私。
第一、日本茶の美味しいとされている店はデパ地下にある店しか知らないのは秘密。
日本人なら台湾茶を追求するよりも前に日本茶をきちんと覚えろ、と思うのですが、なまじ身近な存在だとつい……ってヤツですよね、こりゃ。
どっちみち大抵の日本人はそんなモンだと思いますが。
日本茶は贈答品。
そう思い込んでいる私でございます。


おまけ。
例の薔薇の花の形をした茶壺(急須)の色がいい感じに落ち着き始め、ツヤが出てきていたりします。
うっふっふー。楽しいわぁ、養壺って。

コメント

茶壷良い感じになってきたのですね~~
良いですなぁ^^

私も日本茶は全然手つけたことないですよ。
強いて言えば最近行ったご近所のスーパーでの試飲くらい。
たくさんの種類の飲み比べをさせてもらいました(こんなに良いのかって言うくらい;;)。
日本茶も美味しいんですが量が多くて...
>チコさん
あんな薔薇の花の形をした茶壺なので、磨き辛いだろうなぁ、と思っておりましたが、磨き辛いが故に丁寧に扱うのでよかったのかなぁ、と。
でもあの形の御蔭でエッジの立った花びらの先とかはつやつやしてきていますよ。
色も朱色っぽかった色もかなり沈んだ色になってきてます。
たかだか4ヶ月で変わるものですねー。うふふ。

あー。やっぱりチコさんも日本茶には手を付けていませんでしたか。
やはり一度はお茶の名産地に行って、茶摘み体験をするべきだと思い始めている今日この頃。
そして日本茶って……飲み切るのに結構苦労しませんか?(笑)
その割に劣化が早いですし。
味や香りだけの問題ではなく、中国茶の加減って絶妙に良いんですよね。
ちまちま飲むとか、少量買えば適当にすぐに無くなる、等というのも含めて。
本当、飲みきるのに苦労しますね。
毎日同じ種類も私の場合はどうかと思っちゃいますし。
だからと言って種類もたくさん買えないし。
折角だから色々試してみたいんですよねぇ。
中国茶みたく10g単位だったら絶対買うのに(>_<)

だから加減が良いというのは良く分かりますよ~
>チコさん
わはは。やはり同じ考え方ですね。
私も欲張りなので、色々なお茶を試したいんですよ。
だから台湾でお茶を買う場合、基本が100gなのですが、
お店の人に言って50gずつに分けてもらって友人とシェアしています。
そうすると同じ様な金額で2倍の種類が買えるじゃないですか。
そうやってお気に入りを探していけばいいかなぁ、と思っています。
でもホント。
日本茶ももっと少しの量で買えればいいんですけどね。とほほ。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。