スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿タイガー・ショック

先程、新宿K's cinemaにて行われている『中国映画の全貌2007』にて『双旗鎮刀客』を観ていたのですが、劇場を後にして三越の前の通りを紀伊国屋方面にてくてく歩いていたワケです。
すると前方からよく知った格好の御人が颯爽と自転車に乗ってやって来るではありませんか。
彼の名は新宿タイガーマスク。

数知れず映画館で前後の回ですれ違ったタイガー。
何度なく一緒の空間で映画を観た事のあるタイガー。
更には嘗てテアトル新宿のレイトショーで連日行われた鈴木清順レトロスペクティブでまで一緒だったタイガー。

かなりマイナーな作品でも現れる素敵なタイガーさんなのですが。
先程、前方からやって来た時、衝撃が訪れてしまいました。
ついに素顔を見てしまったのです。
前方からだったので、この事態に避けられなかった私。
いや、今までも斜め後ろからお面を外しているであろう、という場には数回遭遇していたのですが、何とかそっと目をそらし、タイガーさんの素顔は知っちゃいけない、と私の中で守り続けていたのです。
それ位、大切な事のひとつだったのに。
そんなワケで本日のこの事態に愕然とする私。

避けられない事態とはこういう事か、と『ファイナル・デスティネーション』気分を味わってしまったのです。
そう。今日、K's cinemaで座った座席はいつもの定位置より前というイレギュラーな座席だったのです。
その直後にこんな事になってしまうとは。

だったら定位置に座っていたら、どんな悪運に見舞われる事になっていたのだ?


……ちゅーか。暑いから蒸れるのね、さすがに。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。