スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVをつけたらおにいちゃん

しかもK-1に。
更には香港大会の会場に何故かウチのお兄ちゃんが!

……というのは冗談ですが。
“お兄ちゃん”と言ったら私の実兄の事ではなく、ジャッキー大哥の息子・房祖名(ジェイシー・チェン)クンの事を指す今日この頃。
というのも、ジャッキー家の色濃い血であるおっきい鼻をちょっとだけ小さくして、面長の顔をほんの気持ち縮めると、ウチの兄ちゃんにそっくりなんですな、ジェイシー君ってば。
ジェイシー君を初めて見た時、眼鏡を掛けていたので余計に。
思わず「……おにいちゃん。」と心の中で呟いてしまった私。
そんなワケでジェイシー君の顔がやたらと馴れ親しんだ顔にしか見えず、赤の他人とは思えない私なのでありました。

そんなワケで昨晩の『K-1世界巡迴賽香港站2007』(K-1アジアGP香港大会)。
アクシデントとは云え、余りにぐだぐだになってしまった武蔵。
更には確かにルール上、その通りではあるのですが、相当もにょりたくなる、もはや無理矢理とでも言いたくなる展開に口あんぐり。
こういう時こそ“俺が全てのルール”である真樹センセイの様な存在があるべきなのですが、そんな魂(という名の力技)はあの場にある訳もなく。
花形の日本人選手がずっと欠落し続けている状態なので、未だに武蔵をスターに押し上げるしかないので、興行の事を考えるとどうしてもああなってしまうのは仕方の無い事なのかもしれませんが。
武蔵本人も辛い立場だよなぁ、と勝手に思い続けて早10年経っているっていうのはどういう事ですか、と。
そんなこんなも含めて長い事、私にとってK-1はどうでもよくなっていた為、TVをつけているだけで真面目に見ておりませんでしたが、今回は録画までして真剣に観戦。
ええ、当然、ものっすごい熱心に客席を観戦していた私。
そりゃリングサイドには絶対に香港明星がいるハズじゃないですか。
それが香港。
……と云う訳で、暇が無いと言うのに熱心にチェキ。

まず最初に見つけたのが大喜びしている樂ことショーン。
しかも隣の席には……あああ、おにいちゃーーーーん(※当然JCの意)
祖名&阿樂軍団

確実にハードコア夫婦ことコンロイ&ジョシー姐さんは来ていそう、と思っていた所、「姐さん発見!!」と友人から報告メールが。
そして録画を見直し「これってばコンロイ?」と鼻息荒く思っていた人は……谷昭(ビンセント・コク)でございました。
だってほら、この体型と顎ヒゲだと引きの画だと……ねぇ?
谷昭

更にはやたらと似ているけどこんな望遠カメラを構えている訳無いし……と思っていた人は彦ちゃん(※スケボーでコケて骨折中)だったり、と。
彦ちん

中継カメラは日本人スタッフだったので、香港明星を知らなかったでしょうから客席の有名人を抜く、という事は当然無かったのですが、かなり来ていたんだろうな、と。
そして一番気になって仕方の無かったのは眼鏡を掛けてキャップを被っていた若い男の子達は全部、農夫(FAMA ※香港の若手2人組HipHop野郎)に見えてしまう罠が。
というか、それが香港のちょっとお洒落な男の子の平均的ビジュアルなので、やたらとそんな子達ばっかりなのですが。
だけどアレは絶対に農夫のC君(CKwan)だと私が勝手に認定。
しかし日本の街中で後ろ姿を見ただけで香港人判定が出来てしまう特殊能力を持っている私ですが、其れを以ってもTV画面で客席にいる農夫判定はとても困難な事だと実感。
ええ、そんな事を困難だと思っている日本人は私ぐらいでしょうけど。

そんな事に夢中になっていたので入稿がまだなのは秘密。

コメント

こんばんわ★はじめましてenokky★と申します。
以前、私の大好きなHANJINで検索していたときにコチラのBlogにヒットして以来、何度かこっそり読ませていただいています★
もうもう名やら陳子聰やら、極め付けには農夫まで笑、今回の記事には笑いが止まらず、思わずコメ残ささせて頂きます★マニアックネタ有難うございました★
そうそう私の友人の彼氏(香港人)はC君そっくりで、その友人にも6永みたいな人がいます笑
>enokky★さん
こんな辺境の地までいらっしゃいませ。はじめまして。
……えーっと。
実は私も何かの検索をした事がきっかけでenokky★さんのブログを何度となく読ませて頂いてたりして。
それにしても過去、奐仁で検索されてここに辿り着いただなんて。
ホント、彼は素敵過ぎです。うふふ。
エヂ関係でライヴに行くたびに毎度、生歌を聴けてしまうのでうっとりです。
そして本命であるハズの陳CEOではなく、奐仁や阿仁&Tommy兄やんことワイルド軍団(※勝手に命名)に常に心奪われている事は秘密です。しーっ。

でも農夫で食いついてくださる方がいらっしゃるとは嬉しすぎです。
農夫のアルバムの出来が結構良くて好きなのとは別次元の話で、唯一農夫ネタが話せる友人と事ある毎に「またそんな農夫みたいなメガネ野郎が……」などという例えが日常になっているのですが、彼女以外には通じない為、悶々としていたので大興奮の今の私です(←基準がおかしい)
しかしいいですねぇ。お友達の彼氏(笑)
香港人の男の子2人組みは勝手に農夫名乗れますよ。

余談ですが、今一番生で見てみたいライヴは陳子聰バンドの廿四味だったりする私です。ぽわわーん。
コメ&レス有難うございました★★

きゃーーそうだったんですね笑
もっと早くコメ入れてればよかったです笑

じつは先にアップされていた記事内の“DJtommyのもち肌”あたりで悶絶笑してました。自分もずっともち肌ウブ毛の童顔だなーと思ってたので笑★
HANJINのブログで時々tommyのことが書いてあるんですが、なんか“愛”を感じてしまうのです★
HANJINのブログは本当に人柄も現れてか、面白いです!!私もいつか生HANJIN強く希望!!

陳子聰は『我要做MODEL』⇒『四大天王』を見てハマりましたが、誰もわかってくれず笑、昔のモデル時代の写真を発見してこっそりデスクトップにしまってます笑

うちのBLOGはもともと台湾アイドルネタから入ったので、農夫とか書いても誰も食いつきません笑
だから私も非常に!!嬉しいです★

またちょくちょく遊びにきますので、よろしくお願いしますです!!


>enokky★さん
Tommy兄やんはただ今、私の中でとても面白すぎる小動物の様ないとおしい存在になっているので、奐仁との仲良し具合が更に「もーっ!もーっ!」って感じになって、たまらんちんなのでございます。
因に6月末に行った台湾のサイン会で、歌って汗だくになった奐仁を、自分が先に手を拭いて使用済のTempoで汗を拭いてあげるという、優しいんだか優しくないんだか解らない行為を目の前で見てしまい、そんなTommyに更に萌えてしまった私。
因に奐仁ブログ、私も大好きです。
マメで真面目でかわいいわぁ、と。
本当に人柄が表れてますよね。うふふー(妄)

そうそう。私もちょっと前に異様に格好良いコンロイの携帯待ち受け壁紙を作り、楽しんでおりました。
もしかしたら同じ画像かと……私とenokky★さん、心と心が通じているのかも。わはー。

こちらこそ今後も伺わせて頂きますね♪
よろしくおねがいいたします。ぺこり。

管理者のみに表示

トラックバック

スペイン留学中にステイ先で覚えたスケボーに夢中です。できるトリックの数も年々増えて気づけば公園の...
スケボーのパーツ情報ってネットでも少ないですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。