スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末まつりごと・その2/Gボーイズ・香港回帰10周年・刺青

台風が迫っているというのに雨の中、午前11時から東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2007の為、青山のスパイラルホールへ。
まずは『ゴー!ゴー!Gボーイズ!(Go!Go!Gboys! 當我們同在一起)』を鑑賞。
(※映画の感想は↓に別枠にて書いてます)

その後、場所を移動し、午後2時からシネマート六本木にて『シネマート塾“亜細亜娯楽講座”』へ。
この日は香港好きならお馴染みのライター・水田菜穂さんの“返還から10年、香港取材レポート”。
水田さんの良い所は単に映画ライターなどと云うだけでなく、香港の街の様子をしっかり伝えてくれる所と、ミーハー的な突っ込みを兼ね備えている所でして。
この日はお題通り、返還(回帰)10周年を迎えた香港に行った様子を写真を交えてお話する、というもの。
……いやぁ、スゴいといいますか。
私が7月1日、ゴルマイの握手会の帰りに新宿の紀伊国屋前で遭遇した(そして勝手に紛れてガイドの説明を聞いていた)香港人観光ツアーの事を先日の日記でぴろっと触れましたが、回帰10周年に関して本当にあの人達は大して興味が無かったんだ、という事実に愕然とした訳でして。
ええ、そんな香港人が更に好きになりましたけど。
噂には聞いておりましたけど本当に質素だったんですね、街中は。
そしてある意味、一番のスポンサーが英皇だったという事実も流石なんちゅーか、と言いますか。


再びスパイラルホールに戻り、21時から『TATTOO -刺青-(Spider Lilies/刺青)』を鑑賞。
(※こちらも感想は別枠にて↓に書いてます)

レズゲイ映画祭は色々ととても可愛いですよ。
メンズ・カップルが仲良く相合傘で会場に訪れたりとか。
ところで『TATTOO -刺青-』の時、女性客が多かったのは言うまでもないのですが、トイレに並んでいると次々と欧米人客が増えていっていたのですよ。
……ま、あの可愛い主演2人ならノンケでも目を引きますから、余計にね。
ツーたんだけがアジアンびゅーちーじゃないんです、って事を知って頂けただけでも良しとしましょう。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。