スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月の晴天の元にて

本日は『五月天為愛而生東京演唱會/Mayday BORN TO LOVE Live in Tokyo』の為、渋谷・O-WESTへ。
台湾のロックバンド・五月天(メイデイ)のライヴ。
5月の快晴に五月天のライブを日本で見れてしまうなんて。
しかもO-WESTという、さほど大きくないハコなので間近で。
(※キャパ・約500人)

チケットが早々にSOLD OUTになっていたのは知っていましたが、会場前にあれほどの人々が「譲って下さい」と書いたの紙を持って立っていたとは。
更には華人の客もかなり。さすが。

CDは持ってはいたのですが予習不足を反省。
とはいえ、そんなでも充分な程に楽しめたのは良かったなぁ、と。
一緒に行った友人が
「ファンミも良いんだけど、やっぱりライヴが最高~」
と言っておりましたが、その言葉を全面的に指示致します、私。
映画にせよ音楽にせよ、役者を含めて作る側の人間の性格や素行に例え少々問題があったとしても、基本的にはそんな部分は知らなけりゃそんな事はどうでもいい事。
仕上がった物のクオリティが良ければいいだけの事。
……とか言いつつも、カワイコちゃんはやっぱりゆっくりと美味しく頂きたいのでファンミの類が良いのよね、との結論に。
なんなんだ、私達は(※結局は美味しいモノに弱い人間)。

ライヴはアップテンポのノリノリの曲が殆どで終始楽しかったのは当然だったのですが、途中でMCも入ったり。
ほぼ普通語、一部英語と云った状態だったのですが……なにこのライヴ会場!
華人の方々もいたとはいえ、異様な程の普通語の理解率は一体何なのよ!?
余りに感心してしまって笑ってしまいました。素敵。
基本的に“華流”とか言っちゃってるドラマから流れてきている層とは違う模様で。
もともと中国語を勉強していたり、中華圏の音楽好きで五月天に辿り着いた人達がファンになっているのが多いんだろうなぁ、と想像する私なのですが如何でしょうか?

そして帰りに配られたチラシに
「10/7日(日)Zepp Tokyo チケット先行予約受付のお知らせ」
というモノが。
ええ、しかも「5/28(月)22:00~6/4(月)23:00」と。
更にはその下には
「●規定枚数になり次第終了いたします」
というファン心理を煽る様な一文が。。
それって21時にライヴが終了した今すぐ、ネットに繋いで予約しろ、という事じゃありませんか。
友人曰く「御機嫌で台湾料理でも食べて帰るつもりだったのに……」。
そうです。
私達は珍しく御飯も食べずに家に直行するのでありました。ちゃんちゃん。

コメント

こんばんは^^
やっぱりファンの人は言葉の分かる人、多いんですね。さすがです♪
そして、チラシもさすがです。ファン心理を見事に・・・
私も好きなバンドとかだったら間違いなく、「直行帰宅⇒チケット購入」になりますもん。
商売上手ですね(笑)
i'm glad to hear that a chinese band will hold a concert in tokyo^.^
>チコさん
私は広東語なので、見事に普通語は判らないのですが、
一緒に行った友達がぺらぺらの為、時折通訳してもらったり、
横の人がお友達に通訳しているのを盗み聞きしていたりしたので、
何を話していたのか、そこそこは判ったので幸いでした。
映画やドラマなら海外盤でも英語か中文字幕が付きますので何とかなりますが、
MCになると完璧に聞き取りになってしまうので、必死ですよ、誰もが(多分)。
しかも日々の情報はアチラのwebニュースの芸能ニュースを読まねばなりませんので。
そんな私も必死です、色々とかなり。あっぷあっぷな所が泣けますが(=_=)

>JUIKA
你好! 初次見面。
我叫Ranna。我住o係東京。請問你住o係邊o度呀?
我好鍾意香港睇香港電影同埋香港/台湾明星。
五月天演唱會好好睇。
今年10月,五月天o係東京再開演唱會。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。