スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のうっとりふたつ

本日は賀軍翔(マイク・ハー)のファンミ。
……にハズれたので渋谷の『cafe-B』で追加イベントがあるというのでお誘いを受け、そちらに行ってみたり。
とりあえず男前が生で見れるという事自体が大切なので行ってみた所、お台場でのファンミにハズれた方々がずらーり、と。
その後、どんどんファンミ会場から駆けつけた人も増えていったワケなのですが。

cafe-Bにぎゅうぎゅう詰めのスタンディングの状態で入り、人の頭の隙間からちょろちょろ見える小美の頭と目元を見続け、簡単な挨拶とファンからの質問コーナーを設けて、結局見れたのが……15分程度だった気が。
その後、目の前を通ってくれたので報われたのではありますが。
例によって生は写真や映像よりも格段にカワイイ、という事実を目の当たりにしてしまったワケであります。
くりくりっとした目元とかが
「嗚呼……やっぱりカワイイ台湾ボーイだわ♪」
という男前でございました。

写真など見ると目元涼やかな感じがするのですが、意外とお目目くるくるな表情で、めちゃめちゃ愛想が良く、本来の明星のあるべき姿の見事なサービスっぷりでございました。
各方面に手を振る。
車で出る時もちゃんと窓を開けて手を振る。
若いのに素晴らしかったです。ぱちぱち。

但し、イイ男だというのは判っていても、ほんのちょっとの差でその男前に落ちるか落ちないか、というのがございまして。
今回は落ちずに済んでひと安心。
だって迂闊にも落ちてしまうと出演作など端から収集せねばいけない気がしてくるのがヲタクの性ではございませんか。
あー、怖い怖い。
というか、今回、無事落ちずに済んだ最大の理由は、満足する程にはじっくり見れてはいない、という事かと。
パンチラ並にチラチラ見せられると更に想いは募るものかと思ったのですが、意外とそうではなかった、という事が判明。

何はともあれ。
わーい。楽しいなー。毎週男前を見れてしまうというのは。
(※1週間前のは単なる素人さんですってば)


因にナマ小美を見に行く前に、せっかく渋谷に行ったのだから……と云う事で会場に向かう前に『華泰茶荘』へ寄る。
数日前に行った際、見掛けた茶壺(急須)で可愛いのがあったので、結局我慢が出来ずに購入してしまった私なのでした。
薔薇の花の茶壺。うっふり。
花苞紅紫

お店のお姉さんに
「台湾の方ではもう生産中止になっているので、こちらのお店の在庫だけになってますので」
と言われたのが私の背中を押す最後のひと言に。
縁なんてそんなもんさ、という事でお買い上げ。
水切れもいい感じでしたし。
結局、日々お茶を飲んでいるのだから、いい加減買っても良いだろうと云う事で。
そんなワケで本日から養壺(やんふぅ)を始めます。
嗚呼、素敵につやつやに育って頂戴、茶壺よ。

そしてただ今、茶壺を絶賛煮立て中。
茶壺・絶賛煮立て中

お茶っ葉で1時間煮、その後、暫く漬けておいて土臭さや残り香を抜く為の作業の最中でございます。
茶葉で中を磨いた後、水洗いをして自然乾燥をさせたら柔らかい布で拭き拭き。
使い始めるまでの道程があればあるほど愛着が湧くというものですか。
嗚呼、磨くのが楽しみ。

コメント

わお。きれいな顔~~
若いのにしっかりしてるのも良い感じです。

そして、とうとう茶壺買ったのですね!!!
薔薇モチーフだなんて...可愛過ぎですvvv
どんどん育ってくれる楽しみってワクワクしますよねぇ。
頑張ってください^^
>チコさん
本来、中華圏のタレントは日本人と違ってサービス精神は
びちっ、とあるハズなのですが
(ex.ステージ上からでも自分と視線が合った気になる並に視線がバッチリ)、
韓流以降、日本側のガードが無駄にファンに対して不親切になってましてね;
某ペ様と同じ日本の事務所だったので色々と心配をしていたのですが、
御本人の意思が通ったのか、ちょこっとだけとはいえ、色々と良かったです。
嗚呼、男前は心潤いますわぁー。うふ。

それはともかくとして。
ここで会ったのが御縁、とばかりに茶壺を購入してしまいました。
この形、磨き辛いだろうなぁ、と思いつつも、気に入ったデザインとは
いつ出会えるか判らないので決めてしまいました。
茶葉で煮て漬けておくだけでも、思っていたよりも色が変わるので
今後、育てていくのがわくわくです。うふふ。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。