スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の迷いではない観戦

北京オリンピック2次予選の日本vs香港戦@香港大球場(香港スタジアム)。
今回は香港&サッカー好きの友人がワールドカップでもない限り、サッカーを見ない私の為に忘れない様、有り難い事にメールまで送って来てくれたのでしっかり先程まで観戦しておりました。

正直言ってサッカーの試合そのものの観戦じゃないんですが、私の場合。
様々な細かい所をチェックして楽しむ為に見ていたのですが。
観戦というより、もはや観察。

そんなワケで冒頭に一瞬だけ映った選手入場シーン。
ある意味ここが一番の見所。
香港の街中を歩いていると、特にメンズは眼鏡・眼鏡・眼鏡・気付くと唇……なのですが、今回の選手と一緒に旗を持って入場して来た人達は街中をもっと濃縮した感じで、ずらーーーっと眼鏡トレイン(←所詮、プロレス・格闘技者の発想)にしか見えず。
嗚呼、そんな辺りも無駄に香港。

試合が始まると、怪我をしたと思われる選手の下に救急班がなんと香港らしくベレー帽!
香港国際空港に着いて、個人的にまず一番最初に香港に到着したなぁ、と云うを感じるのが警察やセキュリティーの人達がベレー帽だと云う事なのですが、サッカーの試合の救急班までがそうだったとは。
嗚呼、そんな辺りも無駄に香港。

ところで私、明け方にTBSで見ているので生中継だったCS放送と違い、画像が地上波故に余り綺麗とはいえない画質で見ていたのですが、引きの画なのにも関わらず、しょっちゅう芝生の上を横切るあの巨大な何かは一体何だったのでしょうか……って、巨大な何か飛び交う虫には間違いないのですが。
嗚呼、そんな辺りも無駄に南方な香港。

ところでこの中継、香港のTVBによる映像なワケなのですが、その割に日本の選手ばかり撮っているのは一体……。
嗚呼、そんな辺りも無駄に何か良く判らない香港。

因に少林サッカー幻想を抱いて期待して観戦などしてはいけません。
第一、平面移動で能力を発揮出来る人達じゃありません。
あの人達は円の動き及び立体の方向で能力を遺憾なく発揮する人種なので。
更にははサッカー大好きな国民だとはいえ、サッカーの試合そのものが強いと思ってはいけません。
単にあの人達はサッカーで賭けをやっていて、それで盛り上がっているだけなので。
嗚呼、そんな辺りも無駄に賭け事が大好きな香港。

(※以下、延々と続くので略)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。