スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スパイダーマン3』

●『スパイダーマン3』
 (監督:サム・ライミ/出演:トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ 他)

客層にもにょりたくなる為、私とした事がこういう映画を初日に観に行くなど到底あり得ない事なのにも関わらず5月1日の初日に観に行ってしまった『スパイダーマン3』。
それは映画の日が故に1000円で観れたのと、ハシゴの関係で上手く繋がったのが日を跨いでのナイト上映だったのと、Tジョイ大泉にてDLPシネマ版(デジタル上映)で観れるからと云う理由で。
『ディパーテッド』もここのDLPシネマで観たのだが、むしろ通常のフィルム上映で観た方が良かったんじゃないかという位に有り難味の無さを感じたものだったが、今回はバリバリのCGの為、やっとDLPシネマの意味があったというか。

それにしても今回の一番の主軸となっている自分の内面及びヴェノムとの戦い、MJとの恋の行方、グリーン・ゴブリンJr.ことハリー、そしてサンドマンという4つ(多く見積もれば5つ)ものエピソードはさすがに詰め込み過ぎ。
むしろ 脚本のアルヴィン・サージェントの力でこれだけの分量の物をよくぞまとめた、と褒めるべきなのだろうが、何故にサンドマンまで入れねばならなかったのか。
それは前作からの続きのままだと新たな敵キャラがいなくて見栄えがしないから。
大方、そんな理由じゃないかと。
もしくはあと1本作りたいけど、予定として判らないからとりあえずここで使いたいネタは片付けてしまえ、という理由とか。
結局2009年に4作目の予定が案の定、入っているのではありますが。

それにしても毎度の事ながらMJはイライラする女だよな。
DT君を弄びまくった挙句、身勝手だわで。今回も然り。
ピーター、いい加減に気付け、と涙無くては観れませんでしたよ。
というか、そんな女の尻を追いかけ続けるからいつまでたっても君はDTなのだよ、と。
本当に可愛いヤツめが。

浮かれDT君ことピーター君を始めとし、あの人もこの人も皆して調子をこき始めると「おしおきだべー」という天の声により奈落に突き落とされる今回。
それをどうするか、と云うので各自行く道が分かれる訳なのだか、そんなのはもはや私にはどうでもよく。
私にとって重要な事はいつになったらピーター君がGP-7に颯爽と乗り、カッコイイ口上を述べた後に「マーベラー!」と叫ぶかという点に絞られているのだよ。
言うまでも無く、あのボンクラは呼ぶはずも無く。
あんなサンドマンの件はレオパルドンに合体・変型さえすれば(ピー)を(ピー)る事なく簡単に片付いてしまう事だというのに。
第一、呪いの掛かった様な黒いスパイディなんてのは、私の知ってるスパイダーマンだったら絶対に護摩を焚いて祈祷して御祓いをして片付けてしまうね。
はい、一件落着。
ついでに言うと、3人もの敵がいるのならば世界格闘技選手権大会を開催ぐらいさせろ、と。
これだからアメ公は肝心な所が判ってねぇからダメなんですよ。

……以上、私にとってのスパイダーマンというは股関節がJACで一番柔らかかった為に新人なのにも関わらずスパイダーマンに抜擢され、回を追う毎に異常なアクションを強いられる様になる、東映三角印の焼印が押された物なので、CGで加工された物には爽快感が得られないという重い十字架を背負わされている女の戯言でございました。

とにかくね、回を追う毎に口上がどんどん長くなってきて大変な内容になっているあの興奮がサム・ライミ版には無いのですよ!!(勘違い女)
私の場合、全てのスパイダーマンの基準が東映版と池上遼一版なので、サム・ライミ版がどんなに出来が良くてグッ☆とキていても「さーて。そろそろレオパルドンの時間♪」というのを身体で憶えてしまっているのでスッキリしないといいますか。
結局、私のDNAの中には秘密結社……要はフリーメイソンなワケなんですが、あのマークの代わりに東映三角マークのシンボル入りアイテムを隠し持っていた人間の血筋が流れていたに違いないのですよ。
もしくは隠れキリシタンの如く秘密アイテムをそっと拝む感じで。
……ちゅーか、隠す必要はないんだけど。

因に今、うっかり本棚から池上遼一版のコミックスを取り出してしまったら止まらなくなっている最中。
終始アッパーな東映版とは真逆なんだけども、池上センセイ版の陰鬱とした時代背景バリバリな具合が抜群。
そして中盤からいきなり平井和正テイスト全開になってきて大変になってくるのですが。
平井センセイ、どう考えてもそれは単に『ウルフガイ』の焼き直し(もしくはその逆)でしょ、という話とか。

……で。4作目で今度こそ『スパイダーマンヴギ』を売るんだよね、きっと。
もちろん3巻の「ざぱーんざぱーん」と海辺でルミちゃんの裸を妄想して1人でイッてしまうくだりは入るよね?
私は信じております。
それからオカルトネタも何気に満載にして頂きたい。
そうそう。登場する子供の殆どが親無しとか片親という重要なメッセージも忘れてはなりません。
それについて何も語らない東映版。
クール!!

スパイダーマン 東映TVシリーズ DVD-BOX スパイダーマン 東映TVシリーズ DVD-BOX
特撮(映像) (2005/12/09)
東映

この商品の詳細を見る


スパイダーマン (1) スパイダーマン (1)
池上 遼一 (2004/06/23)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

スパイダーマン (2) スパイダーマン (2)
池上 遼一 (2004/06/23)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

スパイダーマン (3) スパイダーマン (3)
平井 和正、池上 遼一 他 (2004/07/23)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

スパイダーマン (4) スパイダーマン (4)
平井 和正、池上 遼一 他 (2004/07/23)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

スパイダーマン (5) スパイダーマン (5)
平井 和正、池上 遼一 他 (2004/07/23)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。