スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演唱會のハズが観光修行/その5

●3月13日(火)●

朝食は香港で広く展開しているファストフード『美心MX』にて。
叉燒包とコーヒーという、日本人にとっては相当アレな組み合わせでも既に気にせずに食べられてしまう辺り、いい加減香港の雑食加減に慣れてきたんだかという気がするのですが。
美心MX

因にここで朝っぱらから問題だったのは注文したメニューでも何でもなくトイレで大問題が起きまして。
自分が持っていた荷物をあー小姐に託してトイレに駆け込んだのはいいのですが、1畳も無い手洗い場にフィリピーナの親子3人がぎっしり、そこで呑気に歯を磨いておりまして。
用を足したい私は連中を掻き分けて個室へ入り、ふー、スッキリ♪と思ったのも束の間。
……ええ。茶餐廳の割には綺麗な店構えだとはいえ、ここが中華圏だという事を迂闊にもすっかり忘れていた私は大変な過ちを犯していた事に気付くのでありました。

掃除したての朝っぱらだっちゅーのに紙が無ぇーーっ!!


扉の向こうにはトイレットペーパーがあるというのに。
だがそこにはフィリピーナの家族。
よれよれの顔をしながら個室に籠もり続ける羽目になる事、6、7分。
途中、トイレットペーパーの芯を薄く剥いて使おうかと思うも、それすら取れない頑丈な作りのホルダー。
嗚呼、神様。私はこのままどうなるの?
……などと思いを馳せていると連中も去ったので、それと同時に中途半端にパンツを上げて紙を掴む私なのでした。
とにかく。中華圏に行ったらハンカチはどうでもいいからティッシュペーパーだけは絶対に肌身離さず多めに持っておきましょう。

その後、近くのスーパーマーケット『惠康 Wellcome』でお買い物なんぞを。
やっぱりスーパーは楽しいですね。
例によって常温牛乳(←ロングライフ牛乳と言いなはれ)も健在だし。
写真は香港ではお馴染みの飲み物『維他[女乃]』という豆乳、との他諸々。様々な味がございます。
惠康 Wellcome

そして百事可樂の代言人・我らが陳さん、やたらとやる気満々の顔で御登場。
……さすがにこの量を買って帰る気力が無かったので写真だけでごめんよ、坊ちゃま。
百事Twist・1 百事Twist・2

そんなこんながございまして。
地下鉄の駅ではニコちゃんが見送って下さいました。
……喘息薬を吸わねばならない程なくせして、そこまで頑張って世界中でスノボとかしなくてもいいのに(と、広告に向かってぼんやり呟く私)
ニコちゃん喘息薬廣告

昼は再びあー小姐のお友達の方と金鐘の太古廣場にある『夜上海』(日本の銀座店サイトはこちら)にてお食事を。
ツーリストがジーパン姿でぷらぷらと食べに来るには申し訳無いほどのキチンとした素敵なお店。
店名通り、上海料理のお店です。
まずは清炒蝦仁(小エビの素炒め)。
上に掛かっているのは龍井の茶葉。あっさりとした塩味が美味。
夜上海・清炒蝦仁

そしてこちらは上海炒年糕という、上海風餅(という名の韓国料理のトックそっくりの餅)と野菜をオイスターソースで炒めた物。
もちもちした物好きとして堪らない一品。
夜上海・上海炒年糕

そして點心。素菜蒸餃(野菜餃子)と上海春巻。
夜上海・素菜蒸餃

夜上海・上海春巻・1 夜上海・上海春巻・2

上海生煎包(焼き小籠包)と何かのパイ(日本には無いメニューの模様。そして何だったのか教えてーっ。守護霊サマーっ)。
夜上海・上海生煎包&…何かのパイ

そして締めは雑果涼粉(フルーツと薬草のゼリー)で。
夜上海・雑果涼粉

嗚呼、昼間から何て贅沢をさせて頂いてしまったのでしょうか。
何を食べても上品で美味しいお料理ばかり。
御馳走様でした。本当においしゅうございました。うっとり。

HMVなどで買い物をし、荷物を置きに一度ホテルへ。
そして目指すは灣仔の香港會議展覧中心へ。
時々爆破されたり(※それは『ジェネックス・コップ2』)、彦ちゃんやテレが走り回ってたり、ニコちゃんが屋根の上で吊るされてジャッキー大哥が格闘したり(※それは『香港国際警察』)する、あのコンベンションセンター。
香港會議展覧中心

そうです。今回の香港行きのメインイベントがこれ。
『加州紅903 黄金組合音樂會 - 凸』でございます。
加州紅903 黄金組合音楽會 凸

Eason(陳奕迅)、Edison(陳冠希)、Eric(郭偉亮)という頭文字Eな3人がこの日の為に豪華即席ユニットを組むという以前の問題で、こんなスチールを見てしまったらどうにもこうにも行かずにはおれないでしょ、というワケで香港まで駆けつけてしまった次第でございます。
加州紅903 黄金組合音楽會 凸・2

因にチケットはこんな感じ。
裏側には全面エンボス加工で“凸 ダァ~”とあります。
このロゴが出た時から密かに思い続けていた事なのですが、確かに廣東話では“凸=ダッ”と読みますよ。
しかし一体誰よ、この日本語をやたらと高度に理解して駆使しているブレインの人は!!
加州紅903黄金組合音楽會・凸・チケット表 加州紅903黄金組合音楽會・凸・チケット裏

そんなこんなで会場に着くも、まだ開場までPM8:15の開始時間までは時間が。
会場の階下にて、結局最後まで何だったのか不明だったくせして、ちゃっかりジュースなどを戴いてしまったセブンイレブン主催の謎のイベントに紛れ込んでみたり。
それでも時間があったので、すぐそばに疲れた時・困った時には有難い存在と化している『Pacific Coffee』を発見したのでまたもや今日も御世話に。
そして大して期待していなかった香芒芝士蛋糕(マンゴーチーズケーキ)がねっとりと濃くて意外と美味しかった事を御報告。
Pacific Coffee 香芒芝士蛋糕

PM8:15開始のハズが、香港イベントでは当然というべき30分遅れで開始。
加州紅903黄金組合音楽會・凸・1 加州紅903黄金組合音楽會・凸・2

結果から言ってしまえば、30分遅れのPM8:45に開始してPM10:30にて終了~、というちゃっちゃっと片付けられてしまった感溢れるライヴではあったのですが。
しかも香港好きな方々にはお馴染み、カラオケ屋『加州紅』主催。
豪華ユニット誕生、などというのは名ばかりの勝手な我々の思い込みだったのです。
……ええ、そうです。さすがカラオケ屋主催イベントだけあって、豪華な大カラオケ大会なだけだったのです。
3人がお互いの歌を歌い合って、合唱したり、エヂがレスリー様の『倩女幽魂』を歌ってみたり、と。
これが本当にカラオケ、しかも陳さんスペシャル仕様字幕でございまして。
相変わらず漢字の読めない若社長の為に歌詞が全部アルファベットで表記されていたのでありましたとさ。
こんな感じで途中で小ネタを挟みつつ、にゅるにゅるのだらだらで呑気にカラオケを続ける御三方。
加州紅903 黄金組合音楽會 凸・3 加州紅903 黄金組合音楽會 凸・4 加州紅903 黄金組合音楽會 凸・5

とはいえカラオケ、などと散々言ってもさすがにイーソン&エリックは歌を聞かせてくれる人達なので、聴き応えはたっぷり。
エリックのSwingの相方・ジェラルドまで登場したり。
『香港地』を各自のパートを色々と変えて歌ってみたり、と。
エヂの場合はHip Hop仲間の農夫が登場し『愛似陳冠希』(※農夫の最新アルバムに収録)を一緒に歌ってみたり……と、緊張感が見事に感じられないゆるやか過ぎる進行の割には内容は意外と盛り沢山。
DJブースには言うまでも無く、私の大好きなTommy兄さんがいてプレイしていたワケなのですが。
相変わらずメガネに白いモチ肌が魅惑的だわ☆
加州紅903 黄金組合音楽會 凸・6

そして最後を見事にかっさらってしまったのが素敵オヤジの鍾鎮濤(ケニー・B)。
余りに上手過ぎ。うっとり。しかもラテン。
見事に悩殺されてしまった私達でございましたとさ。
加州紅903 黄金組合音楽會 凸・7

そしてカラオケ大会は1時間45分でとっとと終了し、囲み取材をするとかで無理矢理会場から追い出される客達なのでした。
そんなワケでまつりの後。
加州紅903黄金組合音楽會・凸・3

あーあ、という間にゆるい何かが終了し、ぐんにょりした状態で「なにかとりあえず食べますか……」と寄ったのがホテルの近くの甜品店『翠苑甜品專家』
北角の入ったこの店が本店だそうで。
私は“[口査]咋”という雑穀の数知れず……な豆と穀物どっさりのぜんざいを注文。
ちょっとお腹空いた時にはかなり具合の良い一品ですのでオススメ。
翠苑甜品專家・[口査]咋

これにてこの日の食事終了と相成りましたとさ。


●3月14日(水)●

帰国の日。
……なのですが、朝9時15分香港発故、朝食もせずに朝6時にホテルをチェックアウト。
空港に着き、一通りの手続きを済ませ、ようやく『恆香桟』にて朝食。
艇仔粥というスルメピーナッツやミンチ肉などが入ったお粥をオーダー。
その辺のテキトーなお粥屋とは違って、言うまでも無く美味しかったのですが、高いよぅ……単なるお粥なのに40HK$とかだなんて。2倍の値段も致しましたよ;
香港國際機場・恆香桟・艇仔粥

帰りの機内食の昼食は沙爹豬肉粒&白飯(ポークの煮込みサテーソース&御飯)、哈根達斯雪糕(ハーゲンダッツアイスクリーム)、麺包&牛油(パン&バター)。
港龍航空・復路機内食

ところで座席が翼の真横だったので、判っていようがいまいが何でも見るのが大好きな私はじーっ、と観察。
すると……。
港龍航空・エンジン 港龍航空・ロールスロイス・エンジン

香港ドラゴン航空のエンジンはロールス・ロイス製だった事が判明。
他の航空会社ではこの様に書いているのを見た記憶が無かったので、新しい発見をした気がしてちょいと感動。


……以上、だらだらと書き綴った香港旅行記でございました。
翌日、目が覚めると香港に発つ前に日本で移されたと思われる風邪が時間差で発症し、熱を出して数日寝込んでしまった私なのでした。でろろーん。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。