スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意地が悪すぎる映画チケット

『ラストキング・オブ・スコットランド』のチケットを20世紀フォックスから頂いたのはいいのだが。
せっかく池袋のHUMAXで観ようと思って予定を立てていたのに。
裏面を観ると……おーまいがーーーーーっ!!!!!!!!!!
意地が悪すぎる映画チケット

何なんですか、この有り得ない塗り潰され方は!!
しかも懇切丁寧に表側の“全国共通券”という部分まで塗り潰してくれやがってますよ。
ソルベックスで落とそうにも無理。これは無理。
それにしても『香港国際警察』の香港オリジナル上映版を公開した為、行かざろう得なかった観辛いスバル座でしか観れないっちゅーのは。
それ以降、ずっと避けて行っていないっちゅーのに。
(昔はよく行ってたんだけど。スバル座でしか上映していない物も色々あったので)
……いや。お台場シネマメディアージュのみだったら更に困っていましたけど。

そしてもう1枚は先日、ユーロスペースで生キム・ギドク監督&『ワイルド・アニマル』を観に行った時に買ったギドクサイン入り『絶対の愛』のチケット。
よりによってチケットをもぎる部分に懇切丁寧に狙いを定めてサインしてくれなくても!!
(因に全部のチケットがそうだった模様)
当然、このチケットを持って行った場合には、ユーロスペース側もちゃんと対応してくれるのではありますが(※確認済み)

世知辛い世の中とは全く別の次元の、意地の悪い物をふたつも手にしている私って。・゚・(ノД`)ウワーン

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。