スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にいつもドリルキング社歌

野暮用で新宿へ。
そして新宿に到着し、バッグの中を見て気付く。
私の光り輝くE.YAZAWA財布が無ぇ、と。
(※金色のサンダー柄の財布を愛用中の私。友達命名)
回数券やらパスネットはあるし、用を済ます為の物も持っていたので問題無かったのですが、仕事で使う物の買い出しも兼ねていたのにも関わらず、カード類も全部財布の中の為、何も買えないので野暮用が済み次第、速攻で家に帰り、再び新宿に舞い戻るハメに。

……というのも、修正の際ホワイトとして使っているドクター・マーチン(※パンクキッズ必須アイテムのブーツに否ず)のプリード・プルーフ・ホワイトが池袋の世界堂で入荷切れになっていたので、仕方無しに新宿の世界堂にまで足を運んだらこちらも同じく無し。
入荷未定との事。
Toolsにあったので良かったのですが、何なんですか、この入荷未定と云うのは。
これだから海外製品は困りモノ。
しかも久し振りに買ったら750円、とやたらと値上がってるし。

そんなこんなで奔走していたので朝飯も食べなかったどころかお茶すら買えなかった私。
さすがに血圧が下がり始めたので、軽く休むか、と想った矢先に思い出した店が。
爽好果

迷わず『爽好果』へ行き、この寒さだというのにマンゴースムージーに愛玉子をトッピング。
爽好果・マンゴースムージー with 愛玉子

……と云うのも仕事しながら頭の中がどんどん『許留山』モードになり始める始末。
『ドリルキング社歌』の“ピンクサロンに住みたいな~♪”よろしく、『許留山』に住みてぇ、とまで思うテンションにまで到達。
(※『許留山』=香港に行くとあちこちにあるリーズナブルなデザートのチェーン店。どこも店先はマンゴーの山)
早い話、赤い空間でマンゴーを食べねば収まりがつかないという、ワケの判んない状態に。
寝ていないと様々な物が削ぎ落され、ひとつの事しか考えられなくなる上に、その増幅具合は半端じゃない、という本日でございました。

そして例によって思った事がひとつ。
「半分の値段で倍の量が飲めるぞ、許留山だったら」
嗚呼、許留山に住みたい……。

ただ許留山の場合、習慣の様に行き始めると、それだけで満腹になってしまうので、それはそれで悩む旅行者なのでありました。
だって。他に食べたい物が香港には色々あるんだもーん。
……それにしても許留山のメニュー表、欲しいなぁ。
(※新たなる野望。そして流石にこれはくれないであろう……がくり)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。