スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を早く飯が食べられる状態に連れてって

今更ながらTwins、Boy'z、イザベラちゃんの演唱會DVD『星Mobile 超時空接觸演唱會』を観る。

『星Mobile超時空接觸演唱會 Karaoke』(DVD)
In Association with YesAsia.com

観る、と云うか音楽物なので仕事しながらでも見れるかー、と思って掛けていたのですが。
Boy'zで……というか愛しのケニたんこと關智斌でひたすら鼻血を垂らしていたので仕事が遅れた事を告白致します。
とか言いつつも、この頃のオリジナルBoy'zは良いんですよ。
ケニたんが真面目が故に不憫なのも含め。
(※不憫萌え、それは私)
本当はもっと2人でイチャついて欲しかったです。
(※グループ内でイチャつく=アイドルにとって不可欠な事)
ケニーが自分の曲『眼紅館』でサックスを吹いていたりするのも眺められます。
嗚呼、かわいいのぅ。もう何やっててもいつも可愛いんだけど。

そしてたまには買った本の事でも。
数日前、本屋で見掛けて知った竹書房・刊『香港のおさんぽ』

香港のおさんぽ―迷い道をパノラマで! 香港のおさんぽ―迷い道をパノラマで!
青木 加代子、市ヶ谷 ハジメ 他 (2006/07)
竹書房

この商品の詳細を見る

このおさんぽシリーズ、各国で何冊か出ているのですが、タイトル通り“おさんぽ”がコンセプト。
オールカラーの本なので、ちょっとお値段が張りますが、気分転換でちまちま眺めているのが楽しい1冊。
パリ編などもあるのですが、そちらも眺めていたらかなり楽しそう。
よくある特別なお店の紹介をする、などという本ではなく、要所要所の街の通りをパノラマ写真で撮っていたりして、ちょっとした町並みを味わえたりも出来るのであります。
その合間合間で香港ならではの食べ物や物などがあれこれ紹介されていたり。
見開きで紹介されていたのが“小心地滑”(しぅさむでぃわっ/地面もしくは床が滑るから気を付けてねー、の意)の看板各種。
いや。確かに香港に行くと、建物の中にいても外にいてもやたらと目につくのが黄色いコイツなのですが。
そんなにもいつも危険と隣り合わせなのか、香港は、と思いたくなるほどなのですが……確かにかなり濡れてるんだよな、アソコ。

そして仕事の返答待ち且つ、この空腹の今、食べ物写真を見るのは非常にデンジャラスとつくづく思うのでありました。
お腹が空いて死にそう……。
(※しっかり酒を飲むつもりでいるので我慢中)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。