スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体の不思議展

……ひとり、明け方に台所で開催。
私自身で身を張って生体実験。

ようやく涼しくなってきたので温かいお茶をと思い、今さっき、台湾で買ってきた東方美人を煎れてみた。
折角良いお茶なのだから茶器とか用意しろ、とも思うのですが、そんなものは家で何かやりながら飲むには面倒臭いので、いつも通りにでっかいマグカップなんぞで飲んでしまおう、と。
……東方美人をマグカップで飲むなよ、あんた。
茶漉しに茶葉を入れ、やかんで沸かした湯をぐーるぐる全体に掛けていた所、はずみで左手人指し指と親指に熱湯が直撃。
ぎゃー、と思い、即流水、その後、ビニールに氷を入れて患部を冷やしていたのだが。
冷やすのを止めると異様に痛い。
嗚呼、火傷ってこの程度だとヒリヒリする程度かと思っていたらズキズキ痛いのねぇ、と云うのを実感。
そして神経の伝達ってスゴいのねぇ、と云う訳で次第にヒジの方まで痛くなる始末。
とりあえずヒリヒリする程度にまで治まったので事をなきを得たのではありますが。
全身火傷に遭った人はこりゃ大変だわ、と思った瞬間に、勝手に進む私の連想ゲームは当然『はだしのゲン』へ(以下、皆さんの想像通り)

因にその東方美人。
水が違うせいもあるかもしれないのですが、お茶屋で飲ませてもらった物と味及び香りがなーんか違うんですけど。
確実に店で煎れてもらったお茶の方が甘かったんですよね。
私が思うに入れてくれた物って、今年の夏の始めに収穫した新茶(※東方美人はウンカが発生する時期に収穫なので買った時期には新茶がちょうど出回り始めているハズ)で、詰めてくれたのは去年の東方美人なんじゃないか、と。
実は密かにそういう疑惑がですね……目の前で詰めてくれなかった辺り(と、小声でぼやいてみる)
味だけなら水やあちらで使っていた茶器のせい、とも思うんのですが、香りがね……なんか明らかに弱かったのです。
お店で気付いていれば念を押して「今年の新茶なんですか?」と聞いたのですが、その辺り、うっかりしていたのは私のミス。
新茶もお店によってタイミングもある事ですし。。
お得意さんでもない限り、在庫から売っちゃうのは当然なんですが。
なので、何とも言い難いですけどね。
とはいえ、あの親切な具合はとっても大好き。
やっぱり次回も行きたくなっちゃうお店です。
とか言いつつ、まろやかで甘味のあるお茶には変わりないんですけどね。
お茶選び、これは長年の経験を積まなきゃ出来ない道楽ですわ。
お茶屋さん探しも次、台湾に行く時には色々あれこれ調べねば、と。
でもね、あそこには確実に寄りますよ。例の緑軟膏の為に。ぐっ☆
(※例の緑軟膏キョーレツ画像、再び)
?薄荷・中身

きっと今飲んでいる東方美人は私の出汁もしっかり入っているのでは、と。
飲尿健康法よろしく、なんかの健康法ですかいな、という状態。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。