スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週後半備忘録

●9月20日(水)
『夢遊ハワイ』『太陽』『靴に恋する人魚』
『僕の、世界の中心は、君だ。』『日本以外全部沈没』
※ひたすら新宿武蔵野館とジョイシネ3の間を往復するハメに。
 だって『LOFT』が時間合わなかったんだもん。

●9月21日(木)
LAN異常に因り寝るタイミングを逃す。

●9月22日(金)
友人2人と、前から気になっていた池袋の華人ショップの中にある食堂へチャレンジしに。
華人ショップチェーンの知音食品の一角にあるのですが、場所柄、明らかに日本人がいない食堂。
確実に安くてそれなりに美味しそう……というか、現地の味に近いであろう、と前から思ってはいたのですが、1人で入るには加減が判らなさ過ぎた為、躊躇していたのですが、友人も気になっていたらしく、では皆で行ってみよー、という事に。
……ええ。案の定、日本語メニューなんてありませんでしたよ。
まぁ、私達は判るからいいんですけど。
店のおっちゃんも見事なカタコトっぷり。日本の店と言うより、もはや台湾の店並。
メニューに書いてあるのに置いてある飲み物の有無は、見事にあちらライクで素敵にアバウトな状態。
でも水餃は280円だわ、私の食べた汁無し坦々麺は450円だわで、リーズナブルで腹一杯に。

その後、ロサ会館近くの『地球飯店』の下の『茶館』にてお茶。
ここはちゃんと中国茶が飲めるので最近行っている店。
昼時のセットがお得なのです。
こちらはお客は日本人が多いのではありますが、言うまでも無くおばちゃん達がばりばりアチラの方々。

店も夕飯時になって混んできたので移ろう、と言う訳で、更に北口を奥まり『東京中華街』へ。
……あのぅ。ここまで来ると既に日本人がいません。
店に窓が無い、という、素晴しく逃げ場の無い店。
どこをどう見ても日本人が私達だけと言う始末に。
今や大久保よりも池袋の方が日本語がカタコトとなっております。
というか、池袋の北口は実はミニチャイナ・タウンだったりします。
そんな店で「北欧、と言ったらメタル!!」「ジャーマン、と言ったらメタル!!」
「オランダ、と言ったらコーヒーショップ!!」
……などと、あらゆる枕詞を連呼して大騒ぎしているのでありました。

しかし。治安の事を気にしなくなってきた私達。
そろそろ気を引き締めておこうかと思いまーす。さぁ次、どこ行こ♪


Winがネットに繋げられない状態なので、せっかく全体の2/3まで書いた『Pinocchio 964』の感想がアップ出来ません。
文章がWinに入りっぱなしなのよーぅ。
というか、なんでそんな物を今更書いているのだ、私は。
いや、久々に観たら感動に打ち震えたので、ちょっとね。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。