スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港へ軽く住んできた・1日目

久し振りの香港。
……と言っても昨年末12月に行ったので4ヶ月ぶりなだけなんですが。

今回の香港行きの大きな目的は香港のアカデミー賞こと香港電影金像獎だったのですが、それ以上に紆余曲折ありまして、香港のアパート(という名のマンション)にKAORIさん、あーさん、私の3人で軽く住んでくる事になりまして。
簡単な話、今回の香港行きに同行したKAORIさんのお仕事関係の人脈で、何故か香港マダムの持ちアパートのお部屋を有難い事にタダで貸して頂ける事になりまして。
話が来た時には、最初は布団がしっとりしているんじゃないか、という、何の映画を観てるんだよ、あんたらは、という不安があったのですが、そんなのとんでもない。
紅[石勘]からほど近い所にある黄埔花園の、すんばらしく綺麗なお部屋を貸して頂きました。ありがとうございます。

因にアパートの構造はこんな感じ。
説明し辛いのでこっそり図を拝借。
黄埔花園アパート見取り図

こんな感じに、私の住んでいる近場でいうと光が丘の団地みたいに何でもある所なのであります。
黄埔花園商店街

そしてこれが有名な船の形をした『吉之島』ことジャスコ。
黄埔花園@吉之島

夜なんてこんなライトアップまでされちゃう。
黄埔花園入り口

団地の中の方から見るとこんな光景。
やっぱり何処に行ってもぎっしり高い香港のアパート。
黄埔花園00

この写真の左下の2階が我々3人の住処に。
黄埔花園0

中はこんなお部屋。まずはリビング。あらステキにきれい。
黄埔花園1 黄埔花園2

そして各自、ベッドルームがあるという、素晴らしい環境。
私の部屋には机がございまして、寝る前に仕事をするのには良い環境だったのですが……海を越えてまで仕事をするとは。泣。
黄埔花園3

キッチンのタイルにはマグダル達が。そこが香港らしいファンシー加減。
黄埔花園4

皆で100円ショップでお揃いのスリッパとか買って履いてみたり。
すりっぱ

そしてこれが香港映画でお馴染みの、あの2重扉でございますよ。
日本人の我々にはちょいと感激。
黄埔花園5

警備員のおっさんが常に居る、セキュリティのしっかりしたアパートでございます。
黄埔花園6

因に初・メイド体験を致しましたよ。フィリピーナの。すげーすげー。
まぁ、部屋に案内してもらっただけでしたが。

……というワケで到着して早速、食べる事だけは忘れない私達。
すぐそばの、やたらと茶餐廳っぽい甜品屋『紫荊甜品屋』に入って食事。
オマケなのでメニューを貼っておきます。
こちらがいわゆるデザート。
甜品メニュー

こちらがその他、飲み物&料理。
菜単

大体、15~16円を掛けて頂くと日本円でどの位かお判りかと思います。
というか。どんな小さな店でも異常な数の料理がある香港は素晴らしいです。
しかもこの値段。

……で。あーさんが食べた雪菜(高菜)のインスタント麺( 出前一丁)の一品と、香港言ったらこれ。レモンがごっそりの檸檬茶。
雪菜公仔麺&檸檬茶

そして私が食べたビーフンとソーセジかなんかの麺。
そしてこちらも香港ならではの練乳で作られた奶茶(ミルクティー)。
米粉&奶茶

デザートにはKAORIさんは芝麻糊(ゴマのおしるこ)、私はマンゴープリン(上からミルクが掛かってるので判り辛いですが)。
共に小さめの丼の量という、ボリュームがたっぷり。
芝麻糊&芒果布甸

そしてあーさんが頼んだ糖不甩がとにかく絶品。
ピーナッツ、ゴマ、砂糖が白玉団子の中に入っていて、更に上から掛かっているだけのシンプルな味付けの物なのですが、何で?という位に美味しかったのでありました。
糖不甩

食事も終わり、いざお目当ての金像獎の為に香港體育館へ。
チケットはこんな感じであります。
金像獎チケット

そして入り口。
紅館

レッドカーペットならぬブルーカーペットが向こうに。
多分、アンディか彦ちゃんかアーロンが。
もう、暗闇で人混みで誰が誰だか。
……と、無駄な写真を貼ってみる。
ブルーカーペット

終わった後には(肝心な金像獎の事は素っ飛ばす気かよ……)尖沙咀の『譚魚頭』で魅惑のトマト鍋を。
赤くても以前、旺角で食べた恐怖の四川麻辣なんとか鍋みたいな物ではありません。
しっかり勉強しているので、我々は。四川と名の付く辛い物は食うな、という。
御蔭で大変美味しい鍋でございました。
そしてジョニー・トゥの映画で鍋屋のシーンで、いつも背景にチラチラ映るトウモロコシを今回はチャレンジして注文。
肉をしゃぶしゃぶしている間に煮込むわけなんですが。
やっぱり香港人の味覚は素晴らしく肥えておりました(甘い物好きですが)。
……鍋でのトウモロコシも、ンマーい。
『譚魚頭』トマト鍋

以上、アバウトに1日目、終了。

おまけ。スーパーで売っている牛乳。
牛奶

パッケージ、何ともいえず可愛いでしょ。
……でもね。これ、冷蔵庫に入って売っているわけじゃないのよ。
普通に冷やしていないペットボトルやパックのジュースなどの棚に並んで売っていたりします。
日本人には衝撃の、牛乳の販売方法。
飲みきりサイズの紙パックの牛乳も同様。
どおりで香港明星が何かといっちゃ「十勝牛乳、サイコー!」と言う訳だわ、こりゃ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。