スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咖啡定係汽水

先日の日記の中でもちょろっと書いたのですがコーヒーソーダ。
この度、発売になったネスカフェのスパークリング・カフェを飲んでみた。
日本製ではもしかして初なのかな?
……と思って調べたら、アートコーヒーから『コーヒースカッシュ』という物が出ていたんですね(今もある模様)。
今まで米国製のものは飲みましたが、それらと比べて一番美味しかったのではあるのですが。
相変わらずコーヒーソーダという代物には有り難味が感じられない私。
何故? コーヒーも炭酸飲料も大好きなのに。
コーヒーにじゃばじゃばレモンを入れても美味しく飲めるこの私なのに。
とはいえ、このスパークリング・カフェに微妙にある酸味は無くてもよろしいんじゃないか、と思ってもみたり。
ティーソーダもそうなんですが、レモン入れなくてストレートティーのまんまの方が美味しいのに、と思うんですよ。
何か爽やかさを醸し出そうとでもしているんですかねぇ。
そして感想は言うまでも無く「……うん。コーヒーとソーダ。」なんですよね。
コレだったら私は普通にレモンコーヒー飲みますわ。
……あ。レモンコーヒーにソーダだと(以下、報告乞う御期待)

因にコーラ味と書いてある、かき氷用のシロップにクラブソーダを注いで飲んでみましたが、やっぱりコーラにはならない事を御報告致します。がくり。


ところで台湾に“咖啡緑茶”というものが売っているそうなのですが。
私の中の、早く口にしてみたい物ランキングにどどーん、とイン致しました。
そしてただ今、家で茉莉龍珠(球状のジャスミン茶)を入れて冷やして飲んでいるのですが、いきなり“アノ味”が恋しくなってしまい、ついやってしまいました。
砂糖を入れて甘くして飲んでしまいましたとさ。

華人ショップに、あの甘い緑茶&中国茶のペットボトルは入荷していないのかしらん。
柚子緑茶あたりがあると非常にうれしいのですが。
台湾の豆漿(豆乳)も買える事が判明したので有難いばかり。
だって日本の豆乳より好きなんだもん。当然、薄甘いんですけどね。


……と。締りの無いまま、これにて失礼。
相変わらずワールドカップの行方を知らない私。
だってクロアチア戦の晩、よさこいnight 2006を例によって、また今年もうっかり見てしまい、更なる異常事態に釘付けになっていたんだもん。
どうせそんな女だし。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。