スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ためしてガッテン

味覚に関して飽くなき追求をするアタクシ。
今回は……というか、今回も香港の茶餐廳から。
そんなワケで“檸檬咖啡”にレッツ・チャレンジ♪
早い話、レモンコーヒー。

たしかにコーヒーにレモン1枚をぺろっと浮かべた“フレンチ・コーヒー”という物は時折日本にも存在は致します。
参考資料までに香港で頼んだ場合のアイスレモンティー(凍檸茶)はこんな感じでございますので。
この量のレモンをガシガシとストローやスプーンで潰して飲むのであります。
それは当然の事、コーヒーにも適用されます。
……なので。
さすがに勇気が無くて頼んだ事がありませんでした。

ところがそんな昨日。
冷蔵庫を開けると中にはアイスコーヒーが。
そしてポーション・レモンが。
更にはガムシロップまでもが。
並んで鎮座しているのを見たら、ついに私の好奇心の限界が来てしまい、いざ実行へ。

因に茶餐廳の飲み物は全部甘いのがデフォルト、と思っていて下さい。
まずブラックのアイスコーヒーにガムシロを入れ、レモンを2・3滴。


   ……あ。足りない。こんなのタダの酸味の強いモカじゃん。
   因って、じゃばじゃばーーーーーっ、とレモン追加。
   あらやだ。美味しいじゃーん。


私の味覚はやはりアジアン舌でございました。
既にコーヒーとは別の味覚のモノがそこに存在。
コーヒーが苦手な人でもこれなら美味しく飲めちゃいまーす(多分間違い)
レモンを入れるとコーヒーの苦味がまろやかになる、と、フレンチ・コーヒーに対しての話は聞いた事があったのですが、ものの見事に爽やかな飲み物に大変身~。
さぁ、これで私の飲み物のレパートリーがひとつ増えました。

という訳で。
熱檸樂(ホットレモンコーラ)を美味い、と思った人は試せ。
要・任務。


そんなワケで。
ただ今、コーヒーを入れました。
もちろんレモンをじょぼじょぼーっ、と。
無問題~。むしろ好飲~(……そこまでの事かいな)。
でも味が合うのはやっぱりアイスで飲むのが一番いいかも。
そんなワケで次回、香港へ行った時には現地のを飲んできまーす。
てか、茶餐廳のコーヒーって入れ方が違う場合が多いのよ、普通のと。
味が違うなぁ、と思っていたら……煮出したコーヒーだそうで。
よってブラックコーヒーで飲むのは止めた方がいい、と経験者は語っておりました。

因にインスタントコーヒーに入れるとどうなるのかは私は知りませんのであしからず。
更には、これは必ずミルク抜きのコーヒーで作ってくださいませ。
そうしないとこの世の物とは思えない様な恐ろしい事態へ発展する可能性が。
ちゅーか、言うまでも無く分離します。
そして香港基準の味で完成されている物の為、砂糖抜きで飲むと、きっと美味しい物にはならない気がなんとなーくするのですが。
私は知らない。

香港無印美食―庶民のマル味ワンダーランド 茶餐庁へようこそ! 香港無印美食―庶民のマル味ワンダーランド 茶餐庁へようこそ!
龍 陽一 (2005/03)
TOKIMEKIパブリッシング

この商品の詳細を見る

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

インスタントコーヒーインスタントコーヒーとは、コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状に加工したインスタント食品である。湯を注ぐだけで簡単にコーヒーを淹れることができる。発明者コーヒーを即席食品化する場合、抽出液を粉末化するのがもっとも簡易である。しかし、そ
アイスコーヒーアイスコーヒー (''iced coffee'') とは、氷を入れた冷たいコーヒー飲料のことである。概要現在のアイスコーヒーはアイスコーヒー用に焙煎されたコーヒー豆を使用する。深煎り、中~細挽きが良い。アラビカ豆が適するとも云われている。熱いコーヒーの温度を
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。