スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トカゲ女』

●『トカゲ女』
 (監督:マノップ・ウドムデート/出演:ルンラウィー・バリジンダークン、ピート・トーンジュア、矢野かずき 他)

時に拙いCG技術の方が効果があるという事が改めて判明したのが本作。
大量のトカゲが寄ってくるシーンで全部同じ動き&間隔だとむしろ気持ち悪さが倍増するものなのね、と。

早い話、トカゲ霊に憑依されて……という話なのですが、タイという土地により成り立つネタ。
例によってこういう緊迫したシーンが連続する映画には不釣合いなタイ語が緊張感を緩和させております。
更に話のつじつまはあって無いと云うか、あららーやってもーた、その手法、だったりするのですが、タイ映画なので私は気にしません。
タイ映画と云ったら大抵、仏さんか象さんに終始するものなのですが、本作は祈祷で、こちらもある意味タイらしくてマイペンライ。

それにしても最終回に何とか行けて良かったと思ったのは、結構な拾いモノがございまして。
主人公の女流人気作家の恋人であり医者役を演じたピート・トーンジュアが相当に素晴らしくナイスガイです。
彼が画面に現れるたびに私のハートを鷲掴み。
通称・華僑笑いを見た時以外で“ニヒル”という言葉が久し振りに脳内に発生致しました。
というか、このカレ、華僑笑いまでしていたし。
pete thongchua 1

pete thongchua 2

因に非常に背が高い上に純粋にタイ人には見えない様な顔(むしろインド寄りにも見えるのですが)で揉み上げが太く長く、更には横分けワンレン気味という、中華明星ですら薄さを感じてしまっている昨今の私にとっては大変素晴らしい逸材を発見した気分でした。
ところが画像を探すのにひと苦労。
英文綴りでやっと数点(タイ語は判らぬ故)。
しかし、写真では彼の魅力は伝わらないのが残念で仕方ありません。

とりあえず出演作も数点の様なので観ようかと思ったのですが、タイ映画(※もちろん日本未公開映画の意)にまで手を出すと地獄を見るので現在は冷静になってみます。怖い怖い。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。