スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の心潤う画像

※要はアタクシ用。

香港ダービー2006の宣傳大使になったドニー先生。
ド兄ィ

新作映画『龍虎門』で若手(※ショーン&ニコ)をしごきまくり、げっそりやつれてくる2人に相反して、撮影に入るとやたらと肌艶が良くなり若返ってくるド兄ィが私は大好きです。

……で。
『七剣』→『殺破狼』というヒット作の流れの御蔭で、未だかつてないのでは?と思う様な仕事っぷりを見せている結果がコレ。
なんか……今まで以上に無駄にステキ

てか、馬いすぎ。
全員が控え室で着ぐるみの着脱をしている様子を覗き見したいです。
馬ぎっしり。

しかしこの馬キャラ、着ぐるみの定義をきっちりと守っております。
視線が合わない、と云う。
しかも横顔だと気付き辛いのですが、正面から見ると相当ヤバげな顔ですよ、これ。
そして。
最初この写真を見た時、つい顔と数に目が行ってしまったのですが、
なんだかハッキリとしないけど、もんのスゴい違和感があったのですが、やっと今、解りました。
馬の手が5本指だった、という事が問題だったんですよ!
嗚呼、これでスッキリ致しました。
しかもすんごいのが、どの馬もちゃんと指で表情を出し、そして決めのポーズが皆違う、と云う事。
それにしても亜熱帯で湿気があるというのにベロア素材……しっとり。
(※それは某Jさんがベロアとかファーとかが好き、という話に続くので以下略)

コメント

まだまだ若手
左の馬が、今どきキャンギャルでもやらないセクシーポーズを取っているのが悩ましいですね。
着ぐるみでも自分をアピールする香港魂を見習いたいです。

『SPL』を見に行ってきました。
『龍虎門』現場でどんなに威張っていようと、サモとサイモンに挟まれては若造扱いのドニーが切なかったです……。
>ミケさん
アンタ方、スターと一緒に写る着ぐるみなだけのアルバイト(※憶測)なのに、しっかりと自己主張がされ過ぎている所が素晴しい写真でございます。
ビバ☆香港。

『SPL』はドニー先生が主体で撮っている作品ではあるのですが、
そこは目上の人に対してはキチンと敬意を払って、という事で。
てか、この作品、ドニー先生は演技はヤムヤム&おっさん役者達にまるっきし任せて、アクションの事しかやっていませんから、もはや。
そして大満足だった模様。
あー、よかよか、という事で。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。