スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の友

インスタント鴛鴦茶。
インスタント鴛鴦茶

何か、と申しましたらコーヒーと紅茶を半々で割ってエバミルクなりコンデスミルクを入れてる物なんですが、正直言って味は締まりの無いコーヒー、と云ったところ。
でも後味が紅茶。遠くの方で。
だから何?という味ではあるのですが、飲み慣れるとコーヒーほど刺激が欲しくない時に飲むのにもってこい、となってくるのであります。
甘いのが欲しい時とか。

インスタント物をいくつか試して飲んだのですが、この大排[木當]の物が一番美味しかったです。
因に“3合1”というのは“3 in 1”の意味。
紅茶&コーヒー、ミルク、砂糖が入ってますよー、って事です。
甘いのがデフォルトな香港。
正確には4合1という気がしないでもないんだけど。

この大排[木當]のインスタント鴛鴦茶が切れてしまったので、どっか日本でも売ってないか、と探してみた所、見事に通販すら見掛けない始末。
もはやインスタント鴛鴦茶そのものが無いといいますか。
そうすると池袋か新宿の華人ショップへ行ってみるか、と思いつつも……こんなモノは置いてある可能性が薄そうな気が。
しかも所詮インスタントなので高く買ってどうする、という話。
早い話、自分でコーヒー/紅茶で割って作れ、という話なんですが、作っても何かが違うのよ、香港のとは。
やはり牛乳ではあの味がでないのね、と痛感。
というか、コーヒーと紅茶を一度にふたつも作るのは面倒。
どっちかで飲むわ、そりゃ。

因に軽くて適当な値段の割に無駄にかさ張る為、人には買ってきて、と頼めないシロモノのひとつ。
てか、スーパーで売っている物なんてそんな物ばかりなんですが。

コメント

こんばんは!ついに登場する時が来ました(笑)
同じく私も鴛鴦茶愛好家でございますよ!!
普段ブラックコーヒーしか飲まないこの私、何故かこれだけは受け付けるのです。
「これくらいの味なら・・・」と思うのに、何故か自力で作ることが出来ないという摩訶不思議な飲み物ですよねぇ(笑)
とりあえず「らんなさんは鴛鴦茶がお好き」と、メモっときます!
>さなさん
うふふー。いらっしゃいませー。
さなさんも鴛鴦茶愛好家でしたか♪ 仲間仲間~♪

私、コーヒーはブラックでも飲むし甘ーくしても飲むので、美味しければ何でも来い来いではあるのですが。
というか、甘いの好きな時点で香港人味覚に近い、とも云うんですが。
でもこの鴛鴦茶、作れないんですよねー。
日本で珍珠[女乃]茶を飲んでも「……あー。何かが違う。第一、薄い」って思っちゃうので。
セブンイレブンでブラックの缶コーヒー買っても店員のお兄さんに
「ミルクを一緒に買わなくていいの?」(※しかも今思えば多分、あれはエバミルクを勧められていた気が)
と勧められ、「いいのいいの。」と言うと不思議そうな顔をされる所ですから、確実にれん乳で作らないとダメなんでしょうねー、あの味は。

因にインスタント鴛鴦茶は捷榮珈琲(TW印の縦長の箱の物)はどこにでも売っていますが、見付けたら写真の大排[木當]の物の方が後味がちゃんと紅茶なので美味しいのでオススメでーす。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。