スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨面

うまづら(……ってダジャレかよ)。

明け方というのは無性にンまい物の事を考えてしまうお時間でございます。
そんなワケで先月の香港飯。
今月はすっかり飯写真を撮るのを忘れました。

義順牛奶公司の牛乳プリン(温)、スチームドエッグプリン(温)、コーヒー牛乳プリン(冷)。
義順牛奶公司

義順牛奶公司のプリンは11月に香港へ行った時に初めて食べたのですが、
わーっ。すごーい。牛乳そのまんまがプリンになってる!
と驚きました。とろとろーん。
牛乳の味も濃くって美味しかったです。
ただし。温かい卵プリンは私達、日本人にとっては
「甘い茶碗蒸しみたいだね」
と言って笑っちゃったのですが。
舌が慣れてくると、もちろん美味しく食べられたんですけどね。
それにしてもちょっと大きめの茶碗で食べる、このボリューム感がステキ。

九龍城の粥麺専家での朝食。
炸兩(揚げパンを腸粉で包んだ物)と多分豚の臓物系入り(※もう何を食べたんだか忘れた)のお粥。
粥麺専家

そしてお馴染み許留山のマンゴープリンにアイスとフルーツを盛ったもの。
許留山

今月頭に行った時にはこの写真とは別のデザートを食べたのですが、日替わりサービスのメニューの2皿の違うデザートがセットになった物で35HK$(500円ちょっと)ですからね。
牛乳プリンの方は300円弱。
ホントにどこも素敵なお値段♪ 毎日食べたーい。

こんな日記を書いたはいいが、無性に腹減りモードに陥る私。
たしけてーっ。


※映画メモ
●『ブレイキング・ニュース 大事件』
●『少林キョンシー』

おまけ。
ジョニー叔父貴の『黒社会』が東京テアトル配給で2006年公開予定と判明したので、今までよりは多少良い環境で観れるかな、と。
……とはいえ。
今までの経験上、思うにテアトルタイムズスクエアでレイトな予感がチラリと脳裏を過ぎるのですが(ex.『マッスル・モンク』)。
とはいえ、中途半端にシネセゾン渋谷でやってもらうよりは有難いんですけど。
スクリーンもでっかいですし。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。