スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いれのぼんがやってきたよ

日曜日の晩、Filmexのオープニングである蔡明亮監督の『ヴィザージュ』を有楽町朝日ホールまで観に行った帰り、池袋LAVIへ寄る。

……というのも、つい先日から「レノボのネットブックが格安」という噂を小耳に挟んでおり、10日ほど前に今年7月に発売したモデルを24800 円(※展示品扱い)で買った人間が身近にいた為、その値段だったらちょっといいかもなぁ、様子でも見てくるか、と思って寄ったのでありました。
どっちみち個人的にキーボードの具合やスペックと価格の兼ね合いの条件が一番良かったのがレノボだったので、ちょうどいいタイミングかも、といった具合。
更には前日、どうやら台数限定で19800円で出した、という話まであったので、あわよくばを狙ってもいた私だったりしたのでした。
但し展示品、場合によってはその前の機種との話だったので、どんな具合かと冷やかし半分だったのも事実。

……で、とりあえずビックカメラの並びのモバイルドリーム館へ行き、目をつけていたお目当てのIdeaPadのS10-2の値段を確認。
表示価格は24800円。



因に価格がこれだけ安くなっているのは、中身はつい最近改めて発売されたS10-2と全く同じなのですが、積んであるOSが7月発売の物はXPだから、という差。
むしろそれでこれだけ安くなる上に、ネットブックはあくまでネットと文字打ち専用として使いたいので、無駄に重くない方が良かったので好条件だったというか。
やはりOSの切り替え時はPCを格安で手に入れるタイミングなのだなぁ。

自分が欲しい機種がとりあえずあったので、ううーん、と眺めて悩んでいると店員の若い女の子ちゃんが寄ってきたのでした。
欲しい色の事など聞かれたので、白が欲しいと言うと残りが僅かだと言う。
なので、さっそく「この間、これと同じ物が19800円で出ていたと思うんですけどー」と話を振ると、意外な程にあっさりと交渉成立。
よって迷わず19800円(税込み)で購入決定と相成りましたとさ。
更には展示品ではなく、新品在庫があったのでそれを出してきてくれたという、非常にラッキーなタイミングの私でございました。

丸2日ほどいじってみていますが絶好調。
改めてキチンと使ってみて、レノボのキーボードは大きめな為、打ちやすくて大正解。
キーのタッチ具合も好み。
そしてデスクトップと同じ回線を使っているのに、新しい上に余計な物を積んでいないせいか速度が快適快適。早いのですよ。
立ち上がりも早いし手軽なので、ここ2日はデスクトップの電源を入れていないという状態。
何はともあれ、これで気軽に外で文字打ち仕事も出来るし、ネットにも繋げられるわー、と。

しかし時代はどんどん変わるものですねぇ。
だって、かつて私が仕事でもりもり使いまくっていたワープロ・NECの文豪のお高めの機種なんて、11~12万円していますから。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。