スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三峯徹イベント、『メンズサイゾー』に登場!

実は先日の三峯イベント、『メンズサイゾー』から取材を受けておりましたのだ。
昨日、記事がアップされましたので貼っておきます。

ヘタカワイイ、バカカワイイ、エロカワイイ......とにかくカワイイ!
プロの漫画家もリスペクト! 伝説のハガキ職人・三峯徹がトークイベントに降臨


記者の方が結構細かく記事を書いて下さったので、当日の内容は↑を読んでいただければ、と。

ですので、私は裏方の事でもチラリ、と。
私は壇上にチラリと上がったとはいえ、殆ど裏方であれこれやっておりました。

50人キャパの所、立ち見も含めて75人ものお客様に入って頂いた上に、入れないという事で沢山の方々に帰って頂く事になってしまった日曜日に新宿百人町・ネイキッドロフトで行なわれた三峯徹クンの投稿20周年記念イベント。
どうやらネイキッドロフトの最多入場者だった様です。本当にありがとうございます。
まー、とにかくお客様皆様が温かい温かい。
始まる前から皆さん、出来上がっている状態でイベントに挑んで下さったので、MCの2人もとってもやりやすかった、と言っておりました。
終了後にはロフトのプロデューサーの方もびっくりされていて、とても良いイベントでしたと言われるほど。
更には遠方から来て下さった方々が多くて。
把握しているだけでも秋田、大阪、福岡などなど。
皆様、御苦労様でした。

お客さんもオトナな良い人達ばかりでリアクションも非常に良く、珍しく大した反省点も無いイベントだとホストの2人は申しておりました。
でも、私が壇上から客席に向けて「投稿とかした事ある人はいますか?」と聞いてみたのですが、全然いなかったので、それにはちょっとびっくり。
そういう意味では個人的には不思議な客層とも言えたり。
多少、絵描き関係の方々はいらしていた様なのですが。

私が所持しているだけのホットミルク全部をホスト側に託し、それ+αの大半をスキャンし、皆様に見せながら三峯クンの絵の遍歴を辿りつつ、読者投稿コーナーのあれこれを語ったりした第1部に私は登壇。
メインである第2部の裏方準備があった為、早々に壇上から降りねばならなかったので、面白ネタが大して語れなかったのはちょっと心残りだったのですが、まぁいいか、と。

何故、私が早々に引けたかと言いますと、第2部にシークレットゲストで来て頂いた、元AV女優の峰なゆかさんのセッティングの為でして。
とにかく何が大変だったかというと、お客さんどころか三峯クン本人にもなゆかさんがゲストという事は完全シークレットだった為、彼に絶対に気付かれぬ様にあちこちに隠れて頂いていたという事。
ネイキッドロフトの構造上、それが実は結構大変で、裏方の手伝いをした私は苦労したのでした、と告白致します。
お蔭でものっすごいサプライズとなったのですが。

因になゆかさん、壇上に上がる前に「露出が多い方がいいですか?」と言って下さったので「ぜひ!!!!!!!!お気遣いありがとうございます♪」という事で上着を脱いでくださり、たわわでとっても柔らかそうな胸の谷間を拝めたのでした。
ええ、私が間近で。ごちになりました。へっへっへー。
彼女はAVのお仕事をしていたからエロ漫画を……ではなく、元から根っからエロ漫画が好きだったというのが待ち時間にお話していた時に判明したので、更に好感度がアップしまくり。
可愛くてナイスバディでそんな人ってズルい、と思った私でしたさ。
声もアニメの声優さんみたいでかわいーのだ。
第1部で使った資料のホットミルクやロリポップが控え室のテーブルの上にあったのですが、それをにっこにこしながら見ていたなゆかさん。
思わず「すっごい楽しそうですね」と言ってみた所、「はいっ!」と満面の笑みでの返事が。
んもー。なんて可愛い人なんだ……更に好感度が上がってしまったではないですか。萌え萌え。

それから陰なる功労者が1人。
壇上に飾ったフラワーアレンジメントを作って下さったのは小杉あや先生だったりします。
この様な所にまで贅沢に人材を使うのでありました。ふふふ。

そんなワケで皆様、笑顔でお土産の三峯エコバッグを小脇に抱えて帰って下さったので、こちらも端から見ていてにこにこでございましたとさ。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。